デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
3款 特殊銀行 2. 株式会社日本勧業銀行
■綱文

第50巻 p.292-295(DK500058k) ページ画像

大正6年11月5日(1917年)


 - 第50巻 p.293 -ページ画像 

是日栄一、帝国ホテルニ於テ開催セラレタル、当行創立二十周年記念祝賀会ニ臨ミ、演説ヲナス。


■資料

竜門雑誌 第三五四号・第一五五頁 大正六年一一月 ○日本勧業銀行創立二十年紀念会(DK500058k-0001)
第50巻 p.293 ページ画像

竜門雑誌  第三五四号・第一五五頁 大正六年一一月
○日本勧業銀行創立二十年紀念会 日本勧業銀行にては去る十一月五日、同行創立二十年紀念祝賀会を帝国ホテルに開催し、寺内首相以下各大臣、同行創立関係者青淵先生、金子子其他、各政党の領袖、財界の有力者二百五十余名を招待したるが、当夜は同行総裁志村源太郎氏の来賓に対する謝辞、並に同行の過去及び現状を略述して将来の指導援助を請ふ旨挨拶あり、之に対し寺内首相・勝田蔵相の祝辞演説に次ぎ、金子子は同行法案制定当時に於ける裏面の歴史を述べて、総裁の功績を称揚し、青淵先生亦同じく該法案制定当時に於ける一場の自己失敗談を試みられ、「余は勧銀が土地を抵当に貸付くる事を非常に危険視し居たるが、今日に至りて其先見の暗かりし事を陳謝する」云々とて満場を賑はされ、和気靄々たる盛会裡に散会したる由。


中外商業新報 第一一三四八号 大正六年一一月六日 ○勧銀記念祝賀会 朝野諸名士演説(DK500058k-0002)
第50巻 p.293-295 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。