デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
5款 社団法人東京銀行集会所 東京銀行倶楽部
■綱文

第50巻 p.407-412(DK500082k) ページ画像

明治42年8月4日(1909年)

是日、東京銀行集会所・東京交換所・東京興信所及ビ銀行倶楽部ノ四団体連合シテ、東京銀行集会所ニ於テ、アメリカ太平洋岸商業会議所ノ招待ニ応ジ、同国ヘ渡航スル栄一等、及ビ欧洲ヨリ帰国セル園田孝吉ノ、歓送迎会ヲ開ク。栄一、主催者総代豊川良平ノ送迎ノ辞ニ対シ、答辞ヲ述ブ。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四二年(DK500082k-0001)
第50巻 p.407 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四二年       (渋沢子爵家所蔵)
八月四日 曇又雨 暑
○上略 午後六時銀行倶楽部ニ抵リテ各団体ノ催ニ係ル送別会ニ出席ス、豊川良平氏∃リ挨拶アリタルニヨリ一場ノ謝辞ヲ述ヘ、後立食ヲ共ニシ、食後種々ノ談話ヲ為シ、夜十時帰宿ス


銀行通信録 第四八巻第二八七号・第四六―四七頁明治四二年九月 ○録事 渋沢・佐竹・園田三氏送迎会(DK500082k-0002)
第50巻 p.407 ページ画像

銀行通信録 第四八巻第二八七号・第四六―四七頁明治四二年九月
 ○録事
    ○渋沢・佐竹・園田三氏送迎会
東京銀行集会所・東京交換所・東京興信所及銀行倶楽部の四団体にては、八月四日午後六時より、今般北米合衆国太平洋沿岸商業会議所の招待に応じ同国へ渡航せらるべき渋沢男爵・佐竹作太郎両氏、並に過般欧洲より帰朝せられたる園田孝吉氏を、東京銀行集会所に招待して聯合送迎会を開きたり、然るに当日園田氏は折悪しく病気の為め出席なかりしも、渋沢・佐竹の両氏は繰合せ出席あり、其他主人側出席者八十余名にして、定刻に至り一同席定まるや、総代豊川良平氏起て送迎の辞を述べ、之に対し渋沢・佐竹両氏の答辞あり、夫より別室に於て立食に移り、宴酣なる頃会員千阪高雅氏の発声にて、渋沢・佐竹両氏の万歳を祝し、更に渋沢男爵の発声にて四団体の万歳を唱へ、斯くて一同歓談の上午後九時散会せり


銀行通信録 第四八巻第二八七号・第一九―二四頁明治四二年九月 ○渋沢・佐竹・園田三氏送迎会演説(八月四日東京銀行集会所に於て)(DK500082k-0003)
第50巻 p.407-412 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕銀行通信録 第四八巻第二八九号・第四三―四四頁明治四二年一一月 ○録事 銀行倶楽部委員長代理(DK500082k-0004)
第50巻 p.412 ページ画像

銀行通信録 第四八巻第二八九号・第四三―四四頁明治四二年一一月
 ○録事
    ○銀行倶楽部委員長代理
銀行倶楽部委員長渋沢男爵海外旅行の途に上らるゝに付、其不在中早川千吉郎氏に委員長代理を委託せられ、其他の諸氏よりも同様依頼あり、早川氏之を承諾して同委員長に就任せられたり