デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
5款 社団法人東京銀行集会所 東京銀行倶楽部
■綱文

第50巻 p.566-570(DK500134k) ページ画像

大正5年9月25日(1916年)

是月十九日、麹町区永楽町二丁目五番地ニ建築中ノ東京銀行集会所落成シ、移転ス。是日、同所内ニ建設セル栄一ノ寿像除幕式挙行セラル。栄一出席シテ謝辞ヲ述ブ。


■資料

銀行通信録 第六二巻第三七二号・第四八頁 大正五年一〇月 ○録事(DK500134k-0001)
第50巻 p.566-567 ページ画像

銀行通信録  第六二巻第三七二号・第四八頁 大正五年一〇月
 ○録事
    ○東京銀行集会所移転
東京市麹町区永楽町二丁目五番地に新築中の当集会所工事落成に付、
 - 第50巻 p.567 -ページ画像 
九月十九日を以て同所に移転し、九月二十五日及十月一日の両日を以て新築建物を関係者の縦覧に供したり
    ○渋沢前会長寿像除幕式
当集会所新築建物内に建設中の前会長渋沢男爵の寿像竣成に付、九月二十五日を以て除幕式を挙行せり


銀行通信録 第六二巻第三七二号・第二三―二五頁 大正五年一〇月 ○東京銀行集会所新築落成式並に渋沢男爵寿像除幕式に於ける演説(大正五年九月廿五日)(DK500134k-0002)
第50巻 p.567-569 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

竜門雑誌 第三四一号・第七六―七七頁 大正五年一〇月 ○青淵先生の寿像除幕式(DK500134k-0003)
第50巻 p.570 ページ画像

竜門雑誌  第三四一号・第七六―七七頁 大正五年一〇月
○青淵先生の寿像除幕式 青淵先生が会長在任中、新築を主唱せられたる東京銀行集会所は、麹町区永楽町に地を卜し先年来建築中の処、愈々竣工を告げたるに依り、九月二十五日午前九時、朝野三千の貴紳を招待して、観覧に供したり。之に先だち、会長早川千吉郎氏・副会長佐々木勇之助・同松方巌氏を始めとして、役員及関係者一同は青淵先生を招請して、二階大広間の正面、蛇紋石の台上に安置せる先生の寿像の前に整列して、除幕式を行ひたり。其次第を略記せんに、幕は青淵先生の四男秀雄氏に依つて撤せられ、次で会長早川千吉郎氏の祝辞、青淵先生の謝辞を兼ねたる感想談あり、右終りて列席者一同盃を挙げて青淵先生の健康を祝して式を終りし由なるが、像は小倉右一郎氏の苦心に成れる青銅胸像にて、五尺余の立方形台上に安置せるものなり。又新築の銀行集会所は、大正二年五月一日起工以来、四箇年の日子を費して竣工せるものにて、ルネツサン式に英国風を加味し、華美の装飾を避けて質実を旨としたるものなれども、頗る輪奐の美を尽せりといふ。


中外商業新報 第一〇九四二号 大正五年九月二六日 ○寿像除幕 東京銀行集会所新築落成披露会(DK500134k-0004)
第50巻 p.570 ページ画像

中外商業新報  第一〇九四二号 大正五年九月二六日
    ○寿像除幕
      東京銀行集会所
      新築落成披露会
麹町区永楽町に巍然として輪奐の美を誇る東京銀行集会所は、廿五日の秋晴朗らかな朝朝野三千の貴紳を招いて新築披露をした、其披露会の先に早川会長以下職員関係者一同は二階
 △大広間の正面 蛇紋石の台上に安置した渋沢前会長の寿像の前に集合して除幕式を行ふ、早川会長の挨拶に対して渋沢男の謝辞あり、一同寿像を繞つて三鞭の杯を挙げて和気靄々裡に男を祝福した、像は小倉右一郎氏の手に成れる青銅胸像で五尺余の正方形台上に安置されてゐる、集会所は大正二年五月一日起工以来四ケ年の日時を経たもので其様式は
 △ルネツサン式 に英国風を加味したもので徒に華美の装飾を排して質実を旨としたものであるが、而かも正面大玄関は大理石を張詰め床石の大理石象眼、天井の趣、中央に吊られた切子硝子の装飾電灯の輝きを始めとして、一階の球戯室・広間・談話室、二階広間・談話室食堂・大会議室・大食堂・中食堂、三階の日本間・図書閲覧室等の各装飾何れも光輝燦として人目を眩するばかりである
 △仔細に見れば 球戯室はセヽツシヨン、大会議室は仏国十九世紀式の華麗なもので、正面の演壇は総て飴色蝋引、其隣にある議長席、前の会員座席等頗る華麗である、又三階日本間は十八畳と八畳二間で書院風の室割を出した如き大いに見るべきで、猶此処は茶室にも用ゐられると云ふ、早川会長・松方副会長を始めとして職員関係者は来賓を迎へて案内し、食堂にはサンドウヰチを饗し懇切に接待して居た