デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
2節 手形
1款 東京手形交換所
■綱文

第51巻 p.153-157(DK510037k) ページ画像

明治45年1月15日(1912年)

是日栄一、銀行倶楽部ニ催サレタル、当交換所組合銀行新年宴会ニ出席シテ演説ヲナス。


■資料

銀行通信録 第五三巻第三一六号・第六九―七二頁明治四五年二月 ○内国銀行要報 東京交換所新年宴会(DK510037k-0001)
第51巻 p.153-157 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

竜門雑誌 第二八五号・第四一―四二頁明治四五年二月 ○手形交換所新年会(DK510037k-0002)
第51巻 p.157 ページ画像

竜門雑誌 第二八五号・第四一―四二頁明治四五年二月
    ○手形交換所新年会
東京手形交換所にては一月十五日午後四時半より坂本町銀行集会所に定時総会を開き、委員長池田謙三氏議長席に着きて手形交換成績を報じたる後、四十四年下半季の決算及四十五年上半季の経費予算を原案通り可決し、役員満期改選の件は池田謙三・佐々木勇之助・三村君平三氏重任と決し、引続き新年宴会に移り高橋・水町日銀正副総裁・木村同理事・小野同営業局長・青淵先生・豊川良平諸氏を招待して主客晩餐を共にして、食後池田委員長より昨年度の手形交換高には前年度に比し、金額に於て稍々減少したるも、枚数に於ては却て幾分の増加を示せり、是れ経済界の堅実なる発達に基因するものなりとの意味の報告演説あり、同時に来賓に対する一場の挨拶あり、次で高橋男・青淵先生・豊川氏の演説ありて散会せり○下略


渋沢栄一 日記 明治四五年(DK510037k-0003)
第51巻 p.157 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四五年       (渋沢子爵家所蔵)
一月十五日 晴 寒
○上略 更ニ銀行集会所ニ抵リ、手形交換所新年会ニ出席シ、食卓上ニテ一場ノ謝詞ヲ述ベ、夜十時帰宿ス