デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

1章 金融
2節 手形
2款 全国手形交換所聯合会
■綱文

第51巻 p.180-184(DK510043k) ページ画像

明治45年3月12日(1912年)

是日栄一、帝国ホテルニ開カレタル、第十回全国手形交換所聯合懇親会ニ出席シテ演説ヲナス。


■資料

竜門雑誌 第二八六号・第六五頁 明治四五年三月 ○交換所聯合大会及懇親会(DK510043k-0001)
第51巻 p.180-181 ページ画像

竜門雑誌 第二八六号・第六五頁 明治四五年三月
    ○交換所聯合大会及懇親会
 - 第51巻 p.181 -ページ画像 
東京・大阪・京都・名古屋・神戸・横浜の各手形交換所聯合大会は三月十二日午後二時半東京銀行集会所に於て開かれたり、池田謙三氏仮に会長席に着きて開会の辞を述べ、次いで小山健三氏の発議にて池田氏を会長に推し直に会議に入る、当日は各交換所共議案の提出なきを以て別に問題なかりしも、池田会長より近頃門司及広島にも交換所を設立されし由なれば聯合大会に加入を勧誘しては如何と諮り、満場異議なく之を可決し、次いで小山健三氏よりの発議にて次回の大会は東京に於て開会することに決し、次に池田会長は清国幣制改革の我国に及ぼす利害の重大なるに鑑み、東京交換所は経済調査会をして之を調査せしめつゝあり、願くは各地交換所に於ても該問題を調査せられ充分の材料を得て大飛躍を試みんことを望むと述べ、更に経済時事談に入り午後四時半散会し一同直に懇親会場なる帝国ホテルに赴きたり、当夜は西園寺首相・山本蔵相を主賓とし来会者百余名に達し、午後六時東西銀行家聯合懇親会を開きたり、食後池田会長の挨拶に次で西園寺総理大臣・山本大蔵大臣の財政経済に関する演説あり、次に高橋男・青淵先生・豊川良平氏も現時財政経済政策に就て希望を述ぶる所ありて、散会したるは午後十時頃なりしと。


渋沢栄一 日記 明治四五年(DK510043k-0002)
第51巻 p.181 ページ画像

渋沢栄一 日記 明治四五年       (渋沢子爵家所蔵)
三月十二日 曇 寒
○上略 四時銀行集会所ニ抵リ手形交換所聯合会ニ出席シ、京坂銀行シンヂケート諸氏ト要務ヲ協議ス ○中略 六時帝国ホテルニ抵リ聯合会ノ催セル晩餐会ニ出席ス、会スル者百五十名許リ、大会ナリ、西園寺総理・山本蔵相・高橋日銀総裁・大阪小山・京都田中・余・豊川氏ノ演説アリ、十一時散会ス


銀行通信録 第五三巻第三一八号・第五八―六四頁明治四五年四月 ○内国銀行要報 第十回交換所聯合会(DK510043k-0003)
第51巻 p.181-184 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。