デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

3章 商工業
7節 造船・船渠業
1款 株式会社東京石川島造船所 付 株式会社石川島飛行機製作所
■綱文

第52巻 p.579-580(DK520080k) ページ画像

昭和6年11月15日(1931年)

是月十一日栄一歿ス。是日葬儀ニ際シ、当会社ヨリ弔詞ヲ贈ル。


■資料

竜門雑誌 第五一八号・第二〇―五三頁昭和六年一一月 葬儀○渋沢栄一(DK520080k-0001)
第52巻 p.580 ページ画像

竜門雑誌  第五一八号・第二〇―五三頁昭和六年一一月
    葬儀○渋沢栄一
十五日○一一月
○中略
 一、青山斎場着棺  午前九時四十分。
 一、葬儀開始    午前十時。
 一、葬儀終了    午前十一時三十分。
 一、告別式     午後一時開始三時終了。
○中略
また東京市民を代表した永田市長の弔詞、実業界を代表した郷誠之助男の弔詞朗読があり、他の数百に達する弔詞を霊前に供へ、十一時半予定の如く葬儀を終了した。
○中略
    弔詞
○中略
正二位勲一等子爵渋沢栄一閣下病ヲ以テ溘焉薨去セラル、嗚呼哀イ哉惟フニ本社ノ今日アルハ偏ニ閣下尽力ノ賜ニ外ナラズ、閣下ト本社トノ関係ハ遠ク明治十四・五年ノ頃、本社ノ前身タル平野造船所時代財政上ノ援助ヲ与ヘラレタルニ始マリ、同二十二年株式会社トシテ本社ノ創立セラルヽヤ、自ラ業務担任ノ委員トナリ、同二十六年商法実施ニ当リテハ取締役会長トシテ本社ヲ代表シ、同四十二年実業界ヲ引退セラルヽマデ十六年ノ久シキニ亘リ、其ノ重職ニ在リテ社運ノ進展ニ最モ力ヲ致サレ、退職ノ後モ猶常ニ本社ノ事業ヲ顧念セラレ、終始渝ラザルノ指導援助ヲ賜リタルコトハ本社ノ歴史ニ一大光彩ヲ添フルモノトシテ永ク誇トスルトコロ、感謝ノ意ヲ表スルニ其ノ辞ヲ知ラザルナリ、閣下百歳ノ寿ヲ保タレ、益々国家社会ノ為ニ一世ノ指針トシテ範ヲ示サレムコトヲ冀ヒシニ、今ヤ幽明境ヲ隔テ復タ閣下ノ温容ヲ拝スルコトヲ得ズ、哀悼極リナシ、玆ニ謹ミテ弔辞ヲ捧グ、在天ノ英霊尚クハ亨ケヨ
  昭和六年十一月十五日    株式会社 東京石川島造船所