デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
5款 中日実業株式会社
■綱文

第55巻 p.18-20(DK550006k) ページ画像

大正5年1月―12月(1916年)


 - 第55巻 p.19 -ページ画像 

是年栄一、当会社副総裁倉知鉄吉等ト、屡々会談シ、又、相談役会ニ出席ス。


■資料

集会日時通知表 大正五年(DK550006k-0001)
第55巻 p.19 ページ画像

集会日時通知表 大正五年       (渋沢子爵家所蔵)
一月九日 日 午前八半時 倉知鉄吉氏来約(飛鳥山邸)
   ○中略。
一月十九日 水 午前十一時 中日実業会社ノ件(帝国ホテル)
   ○中略。
一月廿七日 木 午前九時 倉知鉄吉氏来約(飛鳥山邸)
   ○中略。
一月廿九日 土 午前十時 近藤男・倉知鉄吉氏ト共ニ農商務大臣御訪問


渋沢栄一書翰 佐々木勇之助宛(大正五年)四月九日(DK550006k-0002)
第55巻 p.19 ページ画像

渋沢栄一書翰 佐々木勇之助宛(大正五年)四月九日 (佐々木勇之助氏所蔵)
○上略
頃日新聞紙ニて一覧仕候四鄭鉄道之募債ハ、正金銀行限之取扱ニ候哉又ハ銀行団ニて下受之申合等有之候義ニ候哉、既ニ相伺候事なりしやとも存候得共、発輝と記憶無之ニ付念之為め御伺申上候
実ハ今日中日実業会社之尾崎来訪ニて、一昨年心配せし電話借款之義ニ付、過般来内々交渉有之候由之処、外務省ニ異議有之候為メ、銀行者間ニ提案も出来兼候云々内話有之候、老生ハ右電話借款之事ハ、縦令我政府ニ於て現ニ袁之政策ニ反対せらるゝとも、将来之為ニ是非共此利権ハ獲得致度ものと存候、而して其方法ハ、前陳四鄭鉄道之借款と同一に取扱候ハヽ、決而懸念無之ものと相考候、依而老生帰京後ハ外務省ヘ其段申談候積ニ候得共、四鄭之手続前以一応相心得置申度と存し、一書内々申上候義ニ御座候、右拝答旁匆々如此御座候 不宣
  四月九日夜               渋沢栄一
    佐々木勇之助様
          拝復
   ○栄一、是年三月下旬ヨリ湯河原ニ転地シ、四月十六日帰京ス。


集会日時通知表 大正五年(DK550006k-0003)
第55巻 p.19-20 ページ画像

集会日時通知表 大正五年       (渋沢子爵家所蔵)
四月十八日  火 早朝    倉知鉄吉氏来約(飛鳥山邸)
○中略。
六月二日   金 午前十一時 倉知鉄吉氏来約(兜町)
   ○中略。
六月八日   木 午後四時  倉知鉄吉氏来約(兜町)
   ○中略。
七月四日   火 午前十一時 倉知氏御会見ノ約(兜町)
   ○中略。
七月六日   木 午前十時  倉知鉄吉氏来約(兜町)
   ○中略。
七月九日   日 午前七時半ヨリ前八時マデニ倉知鉄吉氏来約(飛鳥山邸)
 - 第55巻 p.20 -ページ画像 
   ○中略。
七月廿七日  木 午前十一時 倉知鉄吉氏来約(商業会議所)
   ○中略。
八月十日   木 午前十時  倉知鉄吉氏来約(兜町)
   ○中略。
八月十七日  木 午前十一時半 倉知鉄吉氏来約(兜町)
                北京支社員同行
   ○中略。
八月廿六日  土 午前十時  倉知鉄吉氏来約(兜町)
   ○中略。
九月十八日  月 午前十一時 倉知・森・尾崎三氏ト懇談会(兜町)
   ○中略。
九月廿五日  月 正午    倉知鉄吉氏来約(兜町)
   ○中略。
九月廿八日  木 午後二時  中日実業相談会(同社)
   ○中略。
十一月十三日 月 午前九時  倉知鉄吉氏来約(飛鳥山邸)
   ○中略。
十一月十八日 土 午後二時  倉知鉄吉氏来約(兜町)
   ○中略。
十二月八日  金 午前八時半 倉知鉄吉氏飛鳥山邸ニ来約