デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
6款 日華実業協会
■綱文

第55巻 p.277-292(DK550054k) ページ画像

大正13年6月17日(1924年)

是ヨリ先、上海中華学芸社ニ於テ学芸大学設立ヲ
 - 第55巻 p.278 -ページ画像 
計画シ、同籌備委員会委員長王兆栄ヨリ当協会ニ対シ、其設立資金ノ援助方依頼アリ。之ト前後シテ、上海総商会会長宋漢章・副会長方積蕃ヨリ、我国ニ於ケル中華民国人労働者ノ入国制限緩和方ニツキ要請アリ。是日、当協会幹事会ヲ開キ、右二件ニ関シ協議ス。栄一、会長トシテ出席ス。

次イデ二十一日、三十日及ビ七月九日ノ幹事会ニ於テ、継続協議ヲ行フ。栄一、ソレゾレ出席ス。


■資料

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0001)
第55巻 p.278-281 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会書類(一)(DK550054k-0002)
第55巻 p.281-282 ページ画像

日華実業協会書類(一)         (渋沢子爵家所蔵)
    上海中華学芸社ニ於テ      (栄一鉛筆) 六月三日一覧
    学芸大学創設ニツキ日本側ニ対シ創立費援助運動ノ件
中華学芸社概要
 大正五年日本留学ノ支那学生中有力ナルモノ四十七人、真理研究、学芸昌明、智識交換、文化促進ノ主旨ヲ以テ会ヲ組織シ、同年ノ干
 - 第55巻 p.282 -ページ画像 
子ニ因ミ丙辰学社ト名称シタルカ起原ニシテ、昨十二年六月中華学芸社ト改称スルニ到リ
 事務所ハ最初東京ニ置キタルカ、大正九年ニ到リ更ニ上海・北京ニ事務所ヲ置キ、更ニ上海ヲ総事務所トナシ、漸次事務所ヲ各省要地ニ増設シ、後会員ニ欧米各国留学生ヲモ加ヘタルモ、主トシテ日本留学ノ出身者ヨリ成リ、会員数一千ニ達セントシ、日本留学出身ノ鄭貞文氏ヲ総幹事トス
 同社ノ事業トシテハ学芸雑誌・学芸叢書・学芸彙刊ノ発行及講演会ノ開催等ナリ
学芸大学創設計画
 最近同社ノ事業トシテ学芸大学創設計画ヲ樹テ、王兆栄氏籌弁委員会長トス、其ノ趣旨ハ従来ノ官立・私立ノ各学校時弊ニ甚シキヲ救ヒ、真ニ国家社会ノ有用ノ人材ヲ養成シ、日支両国ノ根底深キ提携ヲ計ラントスルニ在リ
 学科ハ法科・文科・理科ト予定シ、最初ハ予科ト専門部ヲ設ケ、漸次大学組織トナシ、尚大学内ニ日本留学希望者ノタメ予備教育ヲ施シ、日本語ヲ教ユル部門ヲ附属スル計画ナリト云フ
資金募集
 之カ資金ハ創立費約五十万元ノ予定ニテ、支那全国ハ勿論更ニ特種ノ関係アル日本側民間ヨリノ援助ヲ希望シ、近々各方面ニ対シ運動着手ノ予定ナリ
右ノ日本側資金募集ニツキテハ、先般已ニ上海ニ於テ同地日本人商業会議所会頭外在留有力者九名ノ日本側委員ヲ挙ケ、先般京都ニ於ケル商業会議所聯合会ニ於テ、上海商業会議所会頭田辺氏ヨリ、右計画発表ト共ニ援助ヲ求メラレタレハ、近々当地ニ於テモ各方面ニ対シ運動着手ノ事ト被存候
右不取敢概略御報ニ及ヒ候             以上
  大正十三年五月十三日
                      日華実業協会
    渋沢会長殿


日華実業協会往復(一)(DK550054k-0003)
第55巻 p.282-284 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0004)
第55巻 p.284-285 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0005)
第55巻 p.285 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0006)
第55巻 p.285 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

集会日時通知表 大正一三年(DK550054k-0007)
第55巻 p.285 ページ画像

集会日時通知表  大正一三年     (渋沢子爵家所蔵)
六月十七日 火 正午 日華実業協会幹事会(同会事務所)


日華実業協会第四回総会報告書 第二八―二九頁大正一三年一二月刊(DK550054k-0008)
第55巻 p.285 ページ画像

日華実業協会第四回総会報告書  第二八―二九頁大正一三年一二月刊
    大正十二年六月以降
      役員会及諸会合報告
○上略
役員会 六月十七日○大正一三年正午、渋沢会長、児玉・白岩・安川・森・森(広蔵)・倉知・荻野・黒川・角田各幹事、並ニ日華学会山井理事・上海商業会議所安原書記長列席ノ上、左記議案ニツキ協議ス
  一、上海中華学芸社ノ計画ニ係ル学芸大学設立援助ノ件
  一、支那労働者入国制限問題ニツキ上海総商会ヨリ来信ノ件
○下略

 - 第55巻 p.286 -ページ画像 

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0009)
第55巻 p.286 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0010)
第55巻 p.286 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

集会日時通知表 大正一三年(DK550054k-0011)
第55巻 p.286 ページ画像

集会日時通知表  大正一三年     (渋沢子爵家所蔵)
六月廿一日 土 正午 日華実業協会ノ件(同会)


日華実業協会第四回総会報告書 第二九頁大正一三年一二月刊(DK550054k-0012)
第55巻 p.286 ページ画像

日華実業協会第四回総会報告書  第二九頁大正一三年一二月刊
    大正十二年六月以降
      役員会及諸会合報告
○上略
役員会 六月二十一日○大正一三年正午、渋沢会長、黒川・荻野・奥村・森・森(広蔵)・安川・白岩・角田各幹事、並ニ内務省石原書記官列席ノ上、支那労働者入国制限問題ニツキ協議ス
○下略


日華実業協会往復(一)(DK550054k-0013)
第55巻 p.286-287 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0014)
第55巻 p.287 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

集会日時通知表 大正一三年(DK550054k-0015)
第55巻 p.287 ページ画像

集会日時通知表  大正一三年      (渋沢子爵家所蔵)
六月三十日 月 正午 日華実業協会幹事会(同会)


日華実業協会往復(一)(DK550054k-0016)
第55巻 p.287 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0017)
第55巻 p.287 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会往復(一)(DK550054k-0018)
第55巻 p.287-289 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

集会日時通知表 大正一三年(DK550054k-0019)
第55巻 p.289 ページ画像

集会日時通知表  大正一三年     (渋沢子爵家所蔵)
七月九日 水 正午 日華実業協会幹事会(同会)


日華実業協会第四回総会報告書 第二九頁大正一三年一二月刊(DK550054k-0020)
第55巻 p.289 ページ画像

日華実業協会第四回総会報告書  第二九頁大正一三年一二月刊
    大正十二年六月以降
      役員会及諸会合報告
○上略
役員会 六月三十日○大正一三年正午、予テ本会ノ用件ヲ帯ヒテ支那各地ニ出張中ナリシ角田幹事帰朝セラレタルニ依リ、報告ノ為メ役員会ヲ開催ス、出席渋沢会長外黒川・荻野・白岩・児玉・角田・奥村・森・森(広蔵)各幹事
役員会 七月九日正午、幹事会ヲ開催シ、左記議案ニツキ協議ス
  一、支那労働者入国制限問題ニ関スル上海総商会宛回答書起草ノ件
  一、中華学芸社ノ計画ニ関スル学芸大学援助ノ件ニ関シ、児玉・伊東・奥村・森・角田各幹事ヲ特別委員ニ推挙ス
  一、青島旭兵営ノ一部ヲ支那側青島中学校ニ貸与ノ件
○下略


日華実業協会往復(一)(DK550054k-0021)
第55巻 p.289-291 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

日華実業協会第四回総会報告書 第二―八頁大正一三年一二月刊(DK550054k-0022)
第55巻 p.291-292 ページ画像

日華実業協会第四回総会報告書  第二―八頁大正一三年一二月刊
    第四年度会務報告(大正十二年六月ヨリ大正十三年五月ニ至ル)
○上略
      六、支那労働者入国問題ノ件
 本邦在留ノ民国労働者ハ、昨秋ノ震災前迄ハ相当ノ数ニ達シ各地ニ於テ風規・衛生或ハ対日本人労働者トノ関係其他ノ点ニツキ時々面倒惹起セルコトヲ聴イテ居リマシタカ、大震災後ハ一時全部本国ニ帰国セルモ、其後各種ノ復興事業興ルト共ニ再ヒ入国渡来者ノ数増加シ来リ、一方当局ノ入国者取扱振リカ従前ニ比シ厳重トナレル為メ、支那側ニ於テ其ノ措置ニ対シ非難起リ、漸次其ノ声高マルト共ニ各地ノ輿論ヲ喚起シ、遂ニ上海総商会ヨリ本会ニ対シテ、之カ制限撤廃及緩和方法ヲ講ス可キ様申越ニ接シマシタカ、本会トシテハ両国々民ノ友好関係ヲ阻碍セントスル如キ問題ニツキテ、相互ニ忌憚ナキ意見ノ交換ヲ為スコトハ必要ト認メ、本件ニ対シテモ慎重協議ヲ遂ケマシテ、当局ノ意見ヲ聴キ、非難ノ点ニ対シテハ其ノ取扱ヲ寛大ニセラレンコトヲ求ムルト共ニ、総商会ニ対シ回答ヲ発シ、大体諒解ヲ得ルニ到レルモ、此問題ハ将来ニ亘リ尚篤ト対策講究ノ必要アルモノト認メマス
      七、中華学芸社計画ノ学芸大学資金援助ノ件
 中華学芸社ハ主トシテ日本留学出身者及ヒ欧米留学出身ノ有力者ヲ以テ会員トナセル団体テアリマスカ、其ノ会員数モ今ヤ一千人以上ニ達シ、学芸本位ノ団体ノミテナク、政治・経済其他ノ方面ニ亘リテ、
 - 第55巻 p.292 -ページ画像 
直接間接ニ輿論指導ノ実力ヲ有スル有力ナル団体ナルコトハ一般ニ認ムル所テアリマスカ、之ノ団体ニ於テ人材教育ノ為メニ学芸大学設置計画ヲ樹テ、其ノ資金募集ノ為メニ本年ニ入リテ国内及国外各方面ニ向ツテ募集委員ヲ派遣シ、吾国ニ対シテハ商業会議所・日華学会及本会ニ向ツテ援助ヲ依頼シ来リマシタノテ、本会ニ於テハ他ノ二団体ト協力シテ、出来ル限リ之ヲ援助スルコトニ決定シタ次第デアリマス
○下略