デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
7款 支那銀行設立問題
■綱文

第55巻 p.540-547(DK550113k) ページ画像

大正5年8月27日(1916年)

是日栄一、欧米旅行中ノ阪谷芳郎ニ書翰ヲ送リ、ニュー・ヨークニ於テ、フランク・エー・ヴァンダーリップ及ビジャッジ・エルバート・エッチ・ゲーリート会見ノ上、中国ニ日米共同出資ノ銀行設立ニ関シ、懇談センコトヲ依頼ス。九月十八日、栄一、右ニ関シ、重ネテ阪谷芳郎ニ書翰ヲ送ル。


■資料

渋沢栄一書翰 阪谷芳郎宛 大正五年八月二七日(DK550113k-0001)
第55巻 p.540-541 ページ画像

渋沢栄一書翰  阪谷芳郎宛 大正五年八月二七日   (阪谷子爵家所蔵)
 尚々紐育ニ於てハ高峰氏・家永氏等ニ御逢と存候、御伝声可被下候又米人側ハ、ラツセル、ホルト、メビー博士其他老生之知人ニハ宜敷御申通し被下度候、又桑港御経過ニ候ハヽ、埴原総領事・牛島氏及川上清・笠井金次氏等、米人ニてハムーア氏・ガイ氏等御伝声頼上候也
五月朔東京御発足後益御清適、各地御巡回之趣、時々之端書又ハ新聞紙之報道ニて承及安心いたし居候、留守宅も各家ともニ無別条ニ御坐候、御省念可被下候
御帰途ハ米国通行と相成候由、先頃大隈総理より承り及、当然之義と察上候、右ニ付而特ニ申進候義は、紐育府ニ於て自然ヴワンデリツプ氏(ナシヨナル・シチー・バンク之総裁)と御会見之機会有之候ハヽ曾而愚見御聞ニ入置候支那之事業開発を、日米共同力ニよりたきとの一案ニ付而ハ、貴台よりも充分御説明被下度候、近々米国ニ於る鋼鉄王ゲリー氏、支那視察を了りて東京着之筈ニ付、老生ハ一日王子へ招
 - 第55巻 p.541 -ページ画像 
宴して直接ニ本文申談し、先方之意見を探り候積ニ候得共、要するニ支那放資之事ハ銀行者之業務ニ付、ゲリー氏も満足ニ其意見ハ吐露致間敷と存候
此件ニ付而ハ昨日も石井外相と種々申談候処、全然同意と被申、又今朝大隈総理訪問ニて、夫是談話候も、同様之意向ニ申居候、乍去他方面より承及候処ニてハ、例之五国借款団ニ独之代りニ米を加ふるの一案ニ付、英国ハ頻ニこれを企望するも、日本ハ其同意ニ蹰躇之由ニ候間、果して此不同意ニして事実ニ候ハヽ、前陳之総理又ハ外相之言語も或ハ例之政事家之御坐成答詞ニてハ無之哉と懸念仕候義ニ候、右等ハ其中米国ニ御越可被成貴台ニハ御参考と相成可申と、内々申上候義ニ御坐候、前陳ゲリー氏東京来着ニ付而ハ、充分歓迎之見込ニて、目下手配中ニ御坐候、同氏ハ九月十四日横浜発ニて帰米之途ニ就き候都合ニ付、十月上旬ハ紐育着と存候、もしも其頃貴台同地ニ於て御会見相成候ハヽ、重畳之事ニ候、米国之近況ハ定めし駸々相進候勢と存候日本とても戦争関係ハ昨今ハ多くハ好影響を齎す事のミニ御坐候
米国聯合準備銀行之現状如何ニ候哉、老生之愚見ハ、曾而帰国之際申述候通ニ候得共、其後追々効能相顕候事共申居候向も有之候由ニ候、真想御探窮被下度候
前陳支那開発ニ付日米共同之一案ハ、目下米国ニてもテートと申銀行者唱道致居、既ニ老生へも其意見申来候、是ハ華盛頓之大使館ニて御問合ニ相成候ハヽ相分り可申と存候、可相成ハ右テート氏之人格伎倆等御探究被下度候
○中略
大正五年八月廿七日
                        栄一
    阪谷芳郎様
        梧下
Baron Y. SaKatani


渋沢栄一書翰 阪谷芳郎宛 大正五年九月一七・一八日(DK550113k-0002)
第55巻 p.541-544 ページ画像

渋沢栄一書翰  阪谷芳郎宛 大正五年九月一七・一八日   (阪谷子爵家所蔵)
○上略
偖玆ニ一書を以て特ニ御報道いたし候要件ハ、貴兄米国御着之頃、紐育ニ於て例之米国鋼鉄王ジヤツヂ・ゲリー氏ニ至急御会見相成、支那ニ対する実業上之義ニ付篤と御協議被成下度一事ニ候、右ニ付而ハ昨日石井外相ニも会見委曲御打合之末、外相ハ其段電報ニて欧洲へ向申進候趣ニ候
(欄外記事)
 石井外相之電報ハ、昨日貴兄英京御発足之電報ニ接し候為め米国へ向け発電致候由、只今書状ニて通知有之候、為念申添候也
又今朝も其件ニ付大隈総理へも顛末陳述せし次第ニ候、故ニ本件ニ付
 - 第55巻 p.542 -ページ画像 
而ハゲリー氏との会話ハ老生之一案たりしも、其後我当局ニ於ても大体ハ愚案を是認せし姿ニ相成候ニ付、其御含ニて、もしも米国側之意向老生之案ニ一致之摸様有之候ハヽ、何か具体ニ相成候様企望仕候義ニ御坐候
右鋼鉄王ゲリー氏之東洋視察ハ七月中之事ニて、紐育よりハ高峰博士ラツセル氏、又華盛頓よりハ珍田大使より鄭重之紹介状ニて、ゲリー氏之現状及其実業界ニ於る勢力等詳細ニ被申越、此同氏之旅行ニ付而ハ充分ニ優待致候のミならす、日本之真想篤と貫徹候様尽力可致旨来書も有之候ニ付、老生主として其主任者と相成、官民間之歓迎方法等相定、且王子之宅へ来訪之節も、帝国ホテル往訪之際も、其他宴会之坐談ニ於ても、第一ニ日米親善之継続方法、第二日米両国共同して東西洋文明之融和、第三支那開発ニ付而ハ切ニ日米共同を要する意見を丁寧反復申述、同氏も再三之会話上、本月十一日午前帝国ホテルニ於る会見之節ハ、十分ニ其胸襟を披瀝せられ、其極右協同経営ニ付而ハ何か具体之案件有之哉とのゲリー氏之質問ニ対して、老生ハ支那之貨幣制度を完全ニ改正する事と、満足なる中央銀行之設立を肝要とするも、両者を完整するは大資本を要し、又大手腕を望むニ付、是非とも日米両国之協同力を以て此際着手致候而ハ如何と申述、幸ニゲリー氏ニ於て同意せられ、紐育金融界ニも異見無之候ハ、貴兄恰も欧洲より帰着ニ付、紐育なるヴワンドリツプ氏抔とも協議せられ、篤と阪谷ニ御相談有之度と相約し、ゲリー氏も能々其意を領して帰国之途ニ上り候義ニ御坐候、支那開発ニ付日米之資本を協同云々之事ハ、昨冬老生米国漫遊之時紐育ニ於て各方面之人士ニ唱道し、ヴワンドリツプ氏とハ特ニ意見を交換し、同氏之東洋漫遊を勧誘せしも其機会ニ接せさるハ残念なりしも、前陳ゲリー氏渡来ニ付頗る企望を以て歓迎之手配を為し、其会談上右様ニ相運ひ、兎も角も同氏ハ衷情喜悦して、貴兄と会話し前陳之要件を篤と協議可致とまて口約せしハ老生之満足ニ思惟する義ニ付、前陳之如く石井外相ニも内話し、直ニ此一書相発候義ニ御坐候、右之御談話ニ付而ハ参考書類とも可相成と存し、先年孫文氏第一革命之際貴兄ニ於て御取調相成候書類写、且銀行集会所ニて立案之支那貨幣制度ニ関する印刷物及後藤新平氏私案之東洋銀行設立之意見書等封入さし上申候、詰り此会談も具体之ものニ相成候程ニハ予期せさるも御会話之材料ニもと相考へ封入仕候義ニ御坐候、ゲリー氏御逢之節宜敷御伝語被下候ハ勿論、ヴワンドリツプ氏其他老生米国之知人へハ可然御申伝被下度、又高峰博士等之邦人にも御致声被下度候
尚相洩れ候事共有之候ハヽ、次便ニ可申上候得共、不取敢要件可得貴意如此御座候 敬具
  大正五年九月十七日
                      渋沢栄一
    阪谷芳郎様
 尚々本書相認候際ニも貴方八月六日附ベニス発、九日附トンネル通行之際之端書弐葉落手いたし候、乍序申添候也

副啓 本状ニ申上候日米両国之協力を以て支那之貨幣制度改正及中央
 - 第55巻 p.543 -ページ画像 
銀行設立之大業を完成致度との一案ハ、突然老生よりゲリー氏ニ提案せしニ無之、最初先つ日米親善ニ付両国有力者之採るへき方法ニ付而各自之意見を交換し、順次日米協力之問題ニ推移し、客冬老生紐育ニ於て、政事家・経済家等ニ向つて、支那之実業開発ニ付而ハ、是非共日米両国交譲戮力して之ニ当るを最良之方法と提案せし理由をゲリー氏へも丁寧ニ陳弁し、同氏之同意を求め、且同氏帰米之後ヴワンドリツプ氏と謀り、目下紐育ニ設立せる一大会社之主義をして此点ニ一致せしめ、此際可成ハ中日実業会社と提携して各種之事業を経営するハ両国之為ニも、両会社としても、利益多き次第を詳話し、ゲ氏よりヴ氏ニ其段を篤と伝言相成候様依頼し、更ニ一段遠大なる問題としてハ前陳貨幣制度・中央銀行設立之案件ニ論及し、彼れゲ氏も頗る同案と相見へ、其手段ニ付て反問有之候ニ付、老生之答は此一案ハ軽々ニ決定すへきものニ無之、老生も幾分之腹案有之候も、阪谷男爵ニハ先年第一革命之際、孫逸仙之依頼ニ応し一案を設定せし事も有之、而して現ニ米国巡回之途ニ有之候間、ゲ氏紐育帰着之時、先つ同地銀行者間之意向を諮詢せられ、同意之事なれハ、阪谷氏へ貴方之御意向を示され度、然時ハ阪谷氏よりも其意見ハ開陳可致と存候、而して弥以双方之一致を得る之見込有之候ハヽ、両国政府にも同意を請へ、支那政府より適当之方式を以て嘱托相成候様之手続ニ出候方歟と存候、要するニゲ氏・ブ氏等ニ於て、本案ニ充分之同意あるや、又日米協同ニて之ニ当るを可とするや、其辺之御瀬踏呉々も御注意之上御交渉可被下候
(欄外記事)
 先年御取調之契約案、又ハ後藤新平氏立案之東洋銀行案及手形交換所之起案せし貨幣制度ニ付而之私案等封入差上候ハ、只御交渉之御参考ニ供し候迄ニ御坐候也 栄一
ゲリー氏日本旅行就中東京滞留中ハ老生殊ニ其接待ニ担当し先以相応之歓迎を為し其情意も融和し得たる様存候、乍去北京滞在中例之ゼンクス博士も同地ニ逗留せられ同人ハ排日念有之候由ニ付或ハゲ氏へ対し日本之悪声を放ち候事と存候、其上支那現今之有様ハ排日論満朝と申勢ニも有之ゲ氏も多少烟ニ巻かれ候事と存候、但し日本到着後諸方之交讙《(驩)》ハ大ニゲ氏をして我を敬愛するニ至らしめたる哉之観有之候
昨日石井外相之談ニハ、ゼンクスも今日ハ全然排日説ニハ無之様申居且ゲリー氏之去ル十二日東京商業会議所ニ於る演説ニハ、余りに日米協同を断言せしを驚き候哉ニ承り申候、乍去ゲリー氏ハ他人之問に対して、余は真実ニ所感を陳述せしまてなれハ、帰米之後も、排日派之人々より種々之批難攻撃も可有之、只我所信を以て之ニ応答するのミと申居られ候由ニ御坐候
ゲリー氏之此行ニ付而ハ、高峰博士も力添有之候事と存候、老生も書通ハ致候得共、宜敷御申通し可被下候、又博士主張之理化学研究所之事于今相運ひ不申候、乍去雲烟と消散ハさせ不申候ニ付、此上とも引続き御尽力頼上候旨御申通し可被下候
○中略
  九月十八日                 栄一
    芳郎殿
 - 第55巻 p.544 -ページ画像 
BARON Y. SAKATANI


(阪谷芳郎) 家庭日記 大正五年(DK550113k-0003)
第55巻 p.544 ページ画像

(阪谷芳郎)家庭日記  大正五年     (阪谷子爵家所蔵)
九月二十四日
紐育安着(○イギリスヨリ)○下略
九月二十五日
○上略
高嶺博士《(高峰)》ノ事務所ヲ訪ヒ午餐ノ饗ヲ受ク、余、鶴見 矢部 高嶺 田口 高嶺氏談話
○中略
  一、八月廿七日付渋沢男来状ヲ示サル、ゲリー氏ノコト、ダルブルデー氏未着ノコト
○下略


阪谷芳郎談話筆記(DK550113k-0004)
第55巻 p.544 ページ画像

阪谷芳郎談話筆記             (財団法人竜門社所蔵)
                    昭和十三年二月十六日 於阪谷邸 佐治祐吉・山本勇記
    青淵先生の支那に於て日米両国共同出資による銀行設立計画について
 私が巴里に居る時(註、大正五年聯合国経済会議に出席せられしを指す)渋沢さんから手紙で、亜米利加のヂヤツヂ・ゲーリーが丁度日本に来たから、自分はゲーリーと会つて、日米の共同出資で支那に銀行を作らうぢやないかといふ話をしたところ、ゲーリーも之に賛成した。尚ほ、お前もゲーリーと会つて話を進めて呉れ、といふことだつた。それで私は巴里から帰途、亜米利加でゲーリーと会つたが、ゲーリーからは何とも其話は出なかつたので、其儘私は帰つて来た。
 日本に帰つて渋沢さんにさう話したら、渋沢さんは大さう残念がられて『日米共同の銀行が支那に出来れば、日本の支那に於ける経済的発展の基礎となるし、又日米親善の為めにもなるのに』といふことだつた。
 だが、渋沢さんの私への手紙には、ゲーリーの方でも賛成だといふことであつたし、又渋沢さんはゲーリーにバロン阪谷が行くから会つて呉れと手紙をやつてあるといふことだつたのに、私が亜米利加でゲーリーと会つた時、ゲーリーは其事について何とも切り出さないので向ふが言ひ出さぬのに、私の方から言ひ出すのも変なので、黙つて帰つて来た訳だつた。
 其後もこれはとうとう問題にならなかつた。



〔参考〕竜門雑誌 第三三六号・第一二二―一二三頁大正五年五月 ○阪谷男爵の渡欧(DK550113k-0005)
第55巻 p.544-545 ページ画像

竜門雑誌  第三三六号・第一二二―一二三頁大正五年五月
○阪谷男爵の渡欧 聯合国経済会議に、本邦の特派委員長として参列
 - 第55巻 p.545 -ページ画像 
仰付けられたる本社評議員会長阪谷男爵は、同委員鶴見農商務書記官田大蔵省書記官・矢部大蔵省技師と共に、五月一日午前八時三十分東京駅発汽車にて渡欧の途に上りたり。見送りの重なる者は大隈首相・青淵先生・石井外相・箕浦逓相・武富蔵相・大島陸相・出羽海軍大将・高橋男・大倉男・後藤男其他官民の紳士淑女無慮一千余名に達せり。



〔参考〕大日本紡績聯合会月報 第二七七号・第八―一〇頁 大正四年九月 日支銀行設立意見(DK550113k-0006)
第55巻 p.545-547 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。