デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
3節 其他ノ外国
4款 智利漁業株式会社
■綱文

第55巻 p.602-603(DK550120k) ページ画像

大正3年7月23日(1914年)

是ヨリ先、栄一、近藤廉平・浅野総一郎・岡十郎等ト共ニ、当会社設立発起人トナリ、是日、帝国ホテルニ於テ開カレタル発起人会ニ出席ス。次イデ九月十二日、東京商業会議所ニ於テ開カレタル発起人会ニモ、栄一出席ス。


■資料

渋沢栄一 日記 大正三年(DK550120k-0001)
第55巻 p.602 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正三年       (渋沢子爵家所蔵)
一月二十九日 曇 寒威強シ
○上略 正午ヨリ帝国ホテルニ抵リ、岡十郎氏メキシコ及智利漁業経営ニ関スル談話アリ、畢テ午飧ヲ共ニシ、種々ノ質問ヲ為ス○下略


竜門雑誌 第三一一号・第八一―八二頁大正三年四月 ○智利の漁業権獲得(DK550120k-0002)
第55巻 p.602 ページ画像

竜門雑誌 第三一一号・第八一―八二頁大正三年四月
○智利の漁業権獲得 曩に智利国政府の要求に応じ、親しく同国の漁業を調査したる東洋捕鯨株式会社々長岡十郎氏は、同国漁業の有望なるを確認し、同国政府より同国全沿岸に亘る海草採取特権並根拠地の貸与、其の他事業上格段の恩典を特許されし由にて、今回青淵先生・近藤男・中野武営・浅田徳則・浅野総一郎・中橋徳五郎の諸氏等発起となりて智利漁業株式会社を設立し、左記四業を選定し、漸を追うて同国の水産業を開発する事に決せり
 (一)鮮魚を漁獲し同国主要の市場に供給する事
 (二)同国北部沿岸に群集せる無尽蔵の鰮族を以て魚肥及魚油を製造し、日米両国に輸出すること
 (三)自然に拾収し得べき特定の海浜に於て、同国特有の烏賊を以て鯣を製造し、東洋市場に販売する事
 (四)全沿岸に繁茂せる石花菜其の他の海草を蒐集し、目下供給不足に苦める我国に輸入する事
而して前記漁業株式会社は智利国サンチヤゴに支店を置き、アリカ、イキケ、パプード、バルパライソ、コロネル等を漁業根拠地となし、其の中アリカ、イキケ近海は鰮及普通漁業場、パプード、バルパライソ近海は夏期普通漁業場とし、コロネル近海は主として鯣及海草採取となす予定なりと


中外商業新報 第一〇一四八号大正三年七月二四日 ○智利漁業会社創立(DK550120k-0003)
第55巻 p.602-603 ページ画像

中外商業新報 第一〇一四八号大正三年七月二四日
○智利漁業会社創立 渋沢栄一男・中野武営・中橋徳五郎・岡十郎諸氏の発起に係る智利漁業株式会社は、既に応募株も数万に達し、五月中旬大阪より智利に向け漁夫百余名を乗せ出帆せしめ、尚来月初旬には創立総会をも開く予定なるが、同地漁業の好時期は六月より八月迄の三ケ月間にて、本邦より出帆は二ケ月に一回の割合にて、創立総会
 - 第55巻 p.603 -ページ画像 
後は直に第二回の漁夫数百名を出帆せしむべき筈也


竜門雑誌 第三一五号・第七六頁大正三年八月 ○智利漁業発起会(DK550120k-0004)
第55巻 p.603 ページ画像

竜門雑誌 第三一五号・第七六頁大正三年八月
○智利漁業発起会 目下創立中の智利漁業会社は、既報の如く既に一旦成立に垂んとしたる頃、中央政界に於ける変動に伴ひ一般経済界の不況を見るに至りし結果、一時株式の募集を中止することゝなり、一方本問題に関して最初より熱心なる斡旋の労を執り居たる、日置公使の帰朝を待ち居たりし折柄、同氏も愈々帰着したるを以て、七月廿三日正午より帝国ホテルに於て発起人会を開き、青淵先生・近藤廉平氏を始め、浅野総一郎・浅田徳則・岡十郎等の諸氏会合、種々協議する処あり、席上日置公使は該問題に関する経過の顛末を詳述し、同時に既報同漁業会社が成立の上獲得すべき、一、智利沿岸の漁業権、二、漁船並に漁獲物に対する補助金交附、三、鉄道運賃割引並に特別扱、四、海藻類の採取権等、各種の特権が確実に保障せられつゝあると同時に、更に最後の海藻採取権は、同国官憲に於て今度新に十個年に亘り効力を有する旨誓約したりとの新事実を紹介し、且本問題に対する同国官民の熱心なる歓迎期待の状を叙述したるより、全発起者何れも頗る満足の意を表し、愈々此機会を以て、一日も早く創立総会開催の準備に着手すべしと約し、同二時過散会したる由


中外商業新報 第一〇一九九号大正三年九月一三日 ○智利漁業発起人会(DK550120k-0005)
第55巻 p.603 ページ画像

中外商業新報 第一〇一九九号大正三年九月一三日
○智利漁業発起人会 渋沢男始め浅野・近藤・浅田・岡・中橋諸氏の発起に係る智利漁業株式会社発起人会は、十二日午前十時より東京商業会議所に於て開会、渋沢男、浅野・近藤・星野外諸氏出席、種々創立事務に就き協議する所あり、十一時散会せり