デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
1款 東京商業会議所
■綱文

第56巻 p.141-148(DK560043k) ページ画像

大正12年6月29日(1923年)

是日、当会議所、東京会館ニ於テ、新駐支公使芳沢謙吉並ニ新東京市長永田秀次郎及ビ助役馬渡俊雄・田島勝太郎・吉田茂ノ送迎午餐会ヲ開ク。栄一、陪賓トシテ出席シ、挨拶ヲ述ブ。


■資料

集会日時通知表 大正一二年(DK560043k-0001)
第56巻 p.141 ページ画像

集会日時通知表  大正一二年       (渋沢子爵家所蔵)
六月廿九日 金 正午 山科礼蔵氏ヨリ御案内(東京会館)


東京商業会議所報 第六巻第七号・第一二―一三頁 大正一二年七月 ○芳沢駐支公使送別並東京市長三助役歓迎午餐会(DK560043k-0002)
第56巻 p.141 ページ画像

東京商業会議所報  第六巻第七号・第一二―一三頁 大正一二年七月
    ○芳沢駐支公使送別並東京市長三助役歓迎午餐会
 大正十二年六月二十九日正午丸の内東京会館に於て、新駐在支那公使芳沢謙吉氏、東京市長永田秀次郎氏及東京市助役馬渡俊雄氏・田島勝太郎氏・吉田茂氏を招待し、送別並に歓迎午餐会を開催したり、出席者は主賓芳沢公使・永田東京市長並に三助役、外陪賓八十九名にして、陪賓中の主なる者は渋沢子爵・田中外務次官・西野大蔵次官・岡本農商務次官・出淵亜細亜局長・永井通商局長・山川条約局長・赤池警視総監・宇佐見東京府知事並に加藤正義・神戸挙一・高田釜吉・成瀬正恭・木村清四郎・内田嘉吉・一宮鈴太郎・梶原仲治・浅野総一郎池田成彬等の実業家、東京商業会議所議員・特別議員・新聞通信社員等たりき
 午後一時一同食卓に着き、「デザート・コース」に入るや、劈頭山科副会頭は一同に多数の出席を得て深く感謝する旨の挨拶を為し、芳沢公使に対しては、目下日支経済上に於て重大問題となり居れる日貨排斥の解決に関して、其希望及東京商業会議所の之に対する態度を説述せられ、次に永田東京市長に対しては、市将来の発達の為めには先づ第一に道路の改修完備を期することの急務なるを述べられたり、次で渋沢子爵の挨拶ありて、山科副会頭の排日問題並に市の道路問題に対する意見及希望に極力賛同の旨を述べられたり
 芳沢公使は日貨排斥問題と支那の政治上の不統一とは極めて深き因果関係を有すること、及排日問題に対する意見を絮述し、此招待会に対する謝辞を述べられたり
 最後に永田市長は東京の道路の改修は、市の財政問題と密接なる関係を有する旨を説き、本問題並に一般市政に就ては将来実業家と相提携し、且つ十分其援助を得たき旨を述べ、此招待宴を大に感謝せられたり、次に三助役のこの招待会に対する感謝の挨拶ありて、主客一同盃を挙げ歓を竭して午後二時十分散会したり(各演説の速記は次号に掲ぐ)

 - 第56巻 p.142 -ページ画像 

東京商業会議所報 第六巻第八号・第一九―二二頁 大正一二年八月 ○芳沢駐支那公使送別並に永田東京市長歓迎午餐会に於ける 演説速記(DK560043k-0003)
第56巻 p.142-148 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。