デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

補遺・追補

2章 追補
(既ニ款・項目ヲ定メテ収録セルモノヘノ追加)
節 [--]
款 [--] 4. 海外植民学校
〔第三十八巻所収〕
■綱文

第56巻 p.700-701(DK560160k) ページ画像

大正7年4月27日(1918年)

是日栄一、当校落成式ニ出席シ、祝辞ヲ述ブ。


■資料

集会日時通知表 大正七年(DK560160k-0001)
第56巻 p.700 ページ画像

集会日時通知表  大正七年        (渋沢子爵家所蔵)
四月廿七日 土 午後二時 海外植民学校開校式(同校)


植民 第七号 大正七年五月 植民学校落成式(DK560160k-0002)
第56巻 p.700-701 ページ画像

植民  第七号 大正七年五月
 - 第56巻 p.701 -ページ画像 
    植民学校落成式
 大正五年春以来、街に野に山に吾徒が其必要を絶叫した植民学校は天下幾万の人士の賛助と赤心に由つて遂に設立された、四月廿七日には盛んなる落成式を挙行した。
○中略 会衆四百名、定刻二時三発の狼煙高く挙がるの時、階上講堂に司会者植民学校主事吉村繁蔵氏静かに開会を宣し、左の順序に此式を施行せらる。

図表を画像で表示植民学校落成式

  一、君が代合唱                会衆一同  二、聖書朗読         植民教育会理事 吉田常太郎氏  三、祈祷              神学博士 平岩愃保氏  四、讚美歌(三五)              会衆一同  五、挨拶              創立委員 崎山比佐衛氏  六、事業経過報告         衆議院議員 富田幸次郎氏                    創立委員  七、植民唱歌                 会衆一同  八、祝辞演説       メソヂスト教会監督 ハリス博士              植民教育会出身者総代 小笠原義之氏                   衆議院議員 床次竹二郎氏                    外務大臣 後藤新平氏                      男爵                   憲政会総務 浜口雄幸氏                      男爵 渋沢栄一氏  九、祝詞祝電披露 一〇、閉会の辞 一一、頌歌(四六二)              会衆一同 一二、祝祷             米国宣教師 ハリス博士 一三、茶菓及余興 



○中略
斯くて式の終ると共に余興に移りぬ。
○下略
   ○栄一演説筆記ヲ欠ク。