デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

1章 家庭生活
3節 家庭教育
1款 克己学寮
■綱文

第57巻 p.159-161(DK570070k) ページ画像

明治43年9月18日(1910年)

是ヨリ先、当寮、青山南町ヨリ小石川白山御殿町ヘ移転ス。

是年、栄一三男武之助東京帝国大学ヘ入学、四男正雄第一高等学校三年ニ進級、五男秀雄第一高等学校ヘ入学ヲ機トシテ、当寮ノ解散ヲ決ス。是日栄一、小学校以来ノ教員・学友及ビ近親ヲ、飛鳥山邸ニ招キテ謝恩会ヲ催ス。

次イデ二十四日、栄一、今後ノ修学上ノ監督ヲ矢作栄蔵ニ托ス。


■資料

(渋沢秀雄) 書翰 阪谷俊作宛 (昭和三三年)六月二七日(DK570070k-0001)
第57巻 p.159 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

渋沢栄一 日記 明治四三年(DK570070k-0002)
第57巻 p.159-160 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四三年     (渋沢子爵家所蔵)
一月十六日 雪 寒
○下略 夜餐後克己寮学生諸氏及武・秀等ト米国旅行中ノ事ヲ談話シ、十時学生帰寮後新聞紙ヲ一覧ス、十一時半就寝ス
 - 第57巻 p.160 -ページ画像 
   ○中略。
二月二十七日 晴 風寒
○上略 克己学寮ニ抵リ午飧ス、学生等ノ談話ヲ聴キ、後一場ノ訓示演説ヲ為ス ○下略
   ○中略。
七月十五日 雨 暑
○上略 此夜克己学寮学生悉ク来会ス、横山氏モ来リ会シテ、秀雄高等学校入学受験ノ顛末ヲ報告セラル
七月十六日 曇 暑
午前六時半起床入浴シ朝飧ヲ食ス、克己学寮ノ学生昨夜ヨリ皆来宿シテ食事ヲ共ニス


(八十島親徳) 日録 明治四三年(DK570070k-0003)
第57巻 p.160 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治四三年   (八十島親義氏所蔵)
七月卅一日 晴 暑 日曜
○上略
武之助氏ハ一高卒業、正雄氏ハ一高在学、秀雄氏ハ今回一高入学、皆夫々比較的好都合ニ進捗、従テ横山氏監督ノ克己学寮モ解ク事ト定メラル


渋沢栄一 日記 明治四三年(DK570070k-0004)
第57巻 p.160 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四三年      (渋沢子爵家所蔵)
九月十八日 快晴 冷
○上略 午後四時王子ニ帰宿シ、此日催フシタル児童等修学ニ付関係シタル小学校以来ノ教員諸氏其他ノ関係者及親戚ヲ会ツテ一宴会ヲ開ク、席上一場ノ挨拶ヲ為ス、来賓中嘉納氏・小泉氏・横山氏等ノ演説アリ賓主款ヲ尽シ夜十時散会ス
○下略


(八十島親徳) 日録 明治四三年(DK570070k-0005)
第57巻 p.160-161 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治四三年   (八十島親義氏所蔵)
九月十八日 日曜 快晴 旧八月十五夜
○上略
渋沢家ニテハ武之助氏ハ本年帝国大学法科ヘ、正雄氏ハ高等学校三年級ヘ、秀雄《(氏脱)》ハ高等学校ヘ何レモ進マレ、玆ニ三氏揃テ中学教育ヲ終ヘラレシニツキ、此際小学校以来薫陶指導ニ尽力セラレタル教師・家庭教師・親戚・友人等七八十名ヲ今日午後四時ヨリ王子邸ヘ招キ謝意ノ小宴ヲ催フサレ、予モ亦招伴旁招カレ列席ス、庭園逍遥ノ後坐敷ニ食卓ヲ三行並ヘ、支那料理ノ饗応アリ、男爵ノ挨拶ニ引ツヽキ、武之助正雄・秀雄ノ三氏及篤二氏ノ謝詞、次ニ嘉納治五郎氏ノ答詞、宴終ラントスル頃横山徳次郎氏ノ謝辞ニ続キ小泉視学官(元附属小・中学校ノ主事)ノ演説アリ、三氏共相当ノ欠点アリ、或ハ中途失敗アランカト憂ヒシモ稍順境ニ復シテ今日アルニ至リシハ、必竟両親君真正ノ愛情ノ感化也トテ忌憚ナキ訓誡的ノ談話アリ、話ヲ教育ノ原理、即人トシテノ資格ハ第一ハ生レツキ、第二ハ家庭両親ノ感化ニシテ、学校教育ノ如キハ一部ノ上塗ニ過キズ等ノ原理ヨリ説キ起シ面白キ演説ナリキ、之ニ対シテ男爵再立チテ、自己カ邦家ノ為ニ奔走スルノ多忙ナル
 - 第57巻 p.161 -ページ画像 
ニ従ヒ一家内ノ事ニ疎カリシ後悔談ノ感慨及カヽル大勢ノ面前ニテ訓誠ストメ《(テ)》、三人ノ人々ニ対シ、碌ニ教育モ受ケサリシ老爺ノ一生ト、カヽル数十人ノ人々ノ訓薫ヲ受ケタル三児ノ将来ト、其効果ノ競争ヲ為スモ亦趣味アル事ナラズヤトノ意味ヲ以テ結ハル、如此実ニ意義アル集会ナリキ、余興ハ小三ノ話及琵琶ナリキ
○下略


渋沢栄一 日記 明治四三年(DK570070k-0006)
第57巻 p.161 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四三年      (渋沢子爵家所蔵)
九月二十四日 晴 冷
午前六時半起床入浴シテ朝飧ヲ食ス ○中略 四時帰宅ス、穂積陳重・矢作栄蔵・横山徳次郎三氏来会ス、武之助・正雄・秀雄等修学ノ事ニ関スル集会ナリ、 ○中略 後、修学上ノ監督ヲ矢作氏ニ托シ、夜十時過一同散会ス ○下略