デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

6章 旅行
1節 国内旅行
■綱文

第57巻 p.563-564(DK570275k) ページ画像

大正2年7月27日(1913年)

是日栄一、東京ヲ発シ長瀞ニ赴キ、二十八日帰京ス。


■資料

竜門雑誌 第三〇三号・第五四―五五頁 大正二年八月 ○青淵先生の鮎漁(DK570275k-0001)
第57巻 p.563-564 ページ画像

竜門雑誌  第三〇三号・第五四―五五頁 大正二年八月
 - 第57巻 p.564 -ページ画像 
○青淵先生の鮎漁 青淵先生には上武鉄道株式会社の招待に応じ、七月廿七日午前令夫人・令息等を同伴せられ、第一銀行重役、浪速銀行東京支店長諸氏と与に、荒川沿岸の勝地長瀞に赴かれて鮎漁を観、同会社の経営に成れる同地の長瀞館に一泊の上、翌廿八日其の昔草鞋掛けにて往来せられし因縁深き秩父大宮郷に筇を曳かれ、長瀞に帰還休憩、同夜帰京せられたり。