デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
6款 択善会・東京銀行集会所
■綱文

第6巻 p.166-167(DK060049k) ページ画像

明治21年10月14日(1888年)

栄一是日、芝紅葉館ニ於テ開カレタル秋季懇親会ニ出席ス。


■資料

委員決議 自明治十六年至同廿二年(DK060049k-0001)
第6巻 p.166 ページ画像

委員決議 自明治十六年至同廿二年 (東京銀行集会所所蔵)
明治二十一年十月五日 (印)
  委員栄一印(印)(印)
    (印)(印)(印)
本月ハ同盟銀行秋季懇親会之期ニ相当リ候ニ付、月番銀行協議ヲ以テ来ル十四日芝紅葉館ニ於テ相催可申事ニ相成候、就テハ先例ニ依リ当日大蔵大臣、同次官、東京府知事、書記官、日本銀行総裁・理事、第十五国立銀行頭取・支配人等ヘ委員御連名ヲ以テ御招待状差出方取計可然乎、此段伺旁御廻議申上候也

  明治二十一年十月十四日秋季懇親会招待状案
一翰啓上仕候、時下秋冷相増候処、益御清穆奉恭賀候、陳者来ル十四日芝紅葉館ニ於テ同盟銀行秋季懇親会相催可申候ニ付、何之風情も無之候得共、粗末之晩餐呈上仕度候間、当日午後第四時ヨリ同処江御来駕被成下度此段(奉得鳳意度)得貴意度如此御座候(頓首)謹言
 明治廿一年十月八日
                  銀行集会所委員
                      山中隣之助
                      川村伝衛
                      安田善四郎
                      原善三郎
                      西邑乕四郎
                      原六郎
                      渋沢栄一

           郷         上床
 大蔵大臣      大蔵次官      銀行局次長
 谷大蔵秘書官    高崎府知事     銀林書記官
 渡辺書記官     富田日本銀行総裁  三野村同理事
 与倉同理事     池田十五銀行頭取  柏村信
 間島冬道      森岡昌純
     以上十四名
  但三島警視総監ハ当時病中ニ付招待状不差出


銀行通信録 第三五号・第八―九頁〔明治二一年一〇月二八日〕 秋季懇親会録事(DK060049k-0002)
第6巻 p.166-167 ページ画像

銀行通信録 第三五号・第八―九頁〔明治二一年一〇月二八日〕
    ○秋季懇親会録事
明治二十一年十月十四日、例ニ依リ同盟銀行秋季懇親会ヲ芝紅葉館ニ開キ、大蔵大臣・同次官・東京府知事・日本銀行総裁・理事・十五銀
 - 第6巻 p.167 -ページ画像 
行頭取支配人ヲ招請セシカ、与倉・柏村・間島ノ三氏ヲ除クノ外皆差支ヲ以テ来会セス、同盟銀行ハ第六銀行支店ヲ除クノ外一同来会シ、人員総テ六十余名ナリシ、歌舞手品等数番奏演シテ余興ヲ添ヘ、主客歓ヲ罄シテ八時下退会セリ