デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
6款 択善会・東京銀行集会所
■綱文

第7巻 p.39-54(DK070006k) ページ画像

明治40年11月26日(1907年)

銀行倶楽部第六十三回晩餐会開カル。栄一出席シ一場ノ演説ヲナス。


■資料

銀行通信録 第四四巻第二六六号・第七九五頁〔明治四〇年一二月一五日〕 銀行倶楽部第六十三回晩餐会(DK070006k-0001)
第7巻 p.39 ページ画像

銀行通信録  第四四巻第二六六号・第七九五頁〔明治四〇年一二月一五日〕
    ○銀行倶楽部第六十三回晩餐会
銀行倶楽部にては十一月二十六日午後六時より松方侯爵及過般海外より帰朝せる三井三郎助、益田孝の両氏を招待して第六十三回会員晩餐会を開きたり、当日松方侯は差支の為め又益田孝氏は病気の為め出席なかりしも会員の外当時出京中の大阪住友銀行支配人志立鉄次郎、馬関百十銀行頭取室田義文両氏の出席あり、一同会食後早川委員長起て一場の挨拶を述べ、之に対して三井三郎助氏の答辞あり夫より渋沢男、豊川良平、添田寿一、志立鉄次郎、室田義文の諸氏各一場の演説をなし、最後に目下の金融に関する松尾日本銀行総裁の演説あり、終て別室に移り各自款談の上午後十時散会せり


銀行通信録 第四五巻第二六七号・第二六―四〇頁〔明治四一年一月一五日〕 銀行倶楽部晩餐会演説(昨年十一月二十六日)(DK070006k-0002)
第7巻 p.39-54 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。