デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

6章 対外事業
1節 韓国
8款 韓国倉庫株式会社
■綱文

第16巻 p.619-621(DK160102k) ページ画像

明治42年6月6日(1909年)

是年栄一、古稀ニ渉ルヲ以テ、第一銀行他少数ノ関係ヲ除キ、諸事業ヨリノ引退ヲ決意シ、是日当会社相談役ヲ辞ス。


■資料

竜門雑誌 第二五三号・第四七―四九頁 明治四二年六月 青淵先生の各種関係事業引退(DK160102k-0001)
第16巻 p.619-620 ページ画像

竜門雑誌  第二五三号・第四七―四九頁 明治四二年六月
    青淵先生の各種関係事業引退
 - 第16巻 p.620 -ページ画像 
我青淵先生○中略本月六日○中略同日附を以て左記辞任書及び書状を発送せられたり
○中略
    辞任書
 拙者儀頽齢に及ひ事務節約致度と存候間、貴社「何何役」辞任仕候此段申上候也
  明治四十二年六月六日          渋沢栄一
    書状
 拝啓時下向暑の候益々御清泰奉賀候、陳は小生儀追々老年に及ひ候に付ては関係事務を減省致度と存し、今回愈々第一銀行及東京貯蓄銀行を除くの外一切の職任を辞退致候事に取極候に付、別紙辞任書差出候間事情御了察の上可然御取計被下度候、尤も右様役名は相辞し候へ共、向後とて従来の御交誼上必要に臨み御相談に与り候事は敢て辞する処に無之候間其辺御承知置被下度候、此段申添候 敬具
  明治四十二年六月六日          渋沢栄一
辞任せられたる各種事業の名称及ひ職任は左の如し
○中略
  韓国倉庫株式会社同上○相談役
○下略



〔参考〕竜門雑誌 第二二一号・第四四―四五頁 明治三九年一〇月 ○満韓巡遊ろせつた赤毛布(二)(砕王生)(DK160102k-0002)
第16巻 p.620 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕竜門雑誌 第二二一号・第八頁 明治三九年一〇月 ○青淵先生の韓国視察談(DK160102k-0003)
第16巻 p.620-621 ページ画像

竜門雑誌  第二二一号・第八頁 明治三九年一〇月
    ○青淵先生の韓国視察談
 本編は青淵先生が先々月の銀行倶楽部晩餐会席上に於て述べられたる演説の筆記なり
○中略
昨年から此春にかけて金融逼迫から引続いて生じました手形組合、或は倉庫会社、此会社は庫へ物を入れて居るかと思ふと、庫も何にも無い、野天に貨物を積んで居る、倉庫会社でなく野天会社と言つても宜い、其仕事は何をして居るかと云ふと品物に対して金を貸して居るの
 - 第16巻 p.621 -ページ画像 
である、誠に奇異の感がありますけれども併し日本の三十年の昔を見たならば決してさう云ふことは珍らしいことでないから、何も朝鮮許りさう笑はぬでも宜いことゝ考へる(喝采)○下略



〔参考〕竜門雑誌 第二一九号・第五頁 明治三九年八月 ○青淵先生の韓国視察談(DK160102k-0004)
第16巻 p.621 ページ画像

竜門雑誌  第二一九号・第五頁 明治三九年八月
    ○青淵先生の韓国視察談
○上略
      △大阪毎日新聞(七月十四日掲載)
○中略
左りながら韓国それ自身の進歩もヨシ他働的にせよ順次観るべきものなきにあらず、一例を挙ぐれば京城における二三銀行の如き韓国民の定期預金・当座預金などの近来漸々増進し来れるあり、倉庫会社の如き現今こそ極めて幼稚なるも将来は発達を見るべき状態にあり、韓国は此の如くにして兎も角進歩を遂ぐべきが、今後の七年間が果して既往七年間の如き割合にて進歩すべきかは固より疑問にして、最近の進歩たる要するに日露戦争の余勢の致す処たらずんばあらず○下略



〔参考〕竜門雑誌 第五三〇号・第一一七―一一八頁 昭和七年一一月 朝鮮に於ての思ひ出(木村雄次)(DK160102k-0005)
第16巻 p.621 ページ画像

竜門雑誌  第五三〇号・第一一七―一一八頁 昭和七年一一月
  朝鮮に於ての思ひ出(木村雄次)
    三、目的
 同じ旅行中のことである。仁川で当時倉庫会社を創立しやうとする計画があり、青淵先生が渡韓せられたのを機会にその関係者一同が集まつて、其の会社の創立促進に就て御願ひをしたのである。処が此の会社の創立目的は最初から曖昧であつたのである。実は仁川に埋立地があるけれども、其処が当時少しも繁昌しないから之を繁昌せしめる為に、倉庫会社を建てやうとした訳で、決して倉庫が其の地に必要であるから創立すると云ふのではなかつた。此の矛盾は我々の頭脳にもあつた訳であるが、先生は既に話を聞かれる間に其の事を観破せられて居たと見え『君達は倉庫会社を創立するには、荷物を寄託する者が多い土地を選ぶことは御承知であらう、一体此の埋立地なるものは倉庫業を起すのに便利な場所であるかどうか頗る疑はしい』と皮肉な質問をされた上、更に『埋立地の繁栄を図る為に倉庫会社を建てやうと思ふ人があるかも知らぬが、それは倉庫会社の目的に反して居るから当初の目的を達することは出来まい』と言はれて、結局事業は一つの確実なる目的へ向つて進む仕事でなくてはならぬ、一方の利益のために他方の目的や利益を無視して、それを犠牲としやうとするものゝ如きは決して成功しないと云ふ事を、此の一言によつて私は教へられたのであつた
  ○韓国倉庫株式会社ハ明治四十二年六月韓国興業株式会社ニ合併解散セリ。