デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.527-530(DK390257k) ページ画像

昭和3年1月25日(1928年)


 - 第39巻 p.528 -ページ画像 

是日、アメリカ合衆国ボルティモアノ人アルフレッド・シー・トムソン、渋沢事務所ニ来訪シ、栄一ト対談ス。


■資料

渋沢栄一 日記 昭和三年(DK390257k-0001)
第39巻 p.528 ページ画像

渋沢栄一 日記  昭和三年         (渋沢子爵家所蔵)
一月二十五日 晴 寒気強カラス
○上略正午銀行集会所ニ抵リ太平洋問題調査会ニ出席シ井上・阪谷其他ノ諸氏ト会話ス、畢テ事務所ニ於テ米人トムソン氏ノ来訪ニ接ス○下略


(エドワード・エム・スキンナー) 書翰 渋沢栄一宛一九二七年一二月一七日(DK390257k-0002)
第39巻 p.528-529 ページ画像

(エドワード・エム・スキンナー) 書翰  渋沢栄一宛一九二七年一二月一七日
                      (渋沢子爵家所蔵)
         WILSON BROTHERS
      Importers, Distributors, Manufacturers
            Haberdashery
             CHICAGO
                  December 17, 1927
Count Eiichi Shibusawa,
  Tokyo, Japan
My dear Count Shibusawa:
  In the hope that this reaches you in good health, may I again introduce myself to you as at one time President of the Chamber of Commerce and still the Chairman of its Senior Council. And may I take the liberty of introducing to you if you will find it convenient to receive him, the bearer of this letter, Mr. Alfred C. Thompson, who is not only one of the men who have helped materially in building up the large and well established lines of Wilson Brothers covering a period of some thirty-seven years, but is in addition a very dear personal friend of the writer.
  Mr. Thompson accompanied by his wife is on the advice of his doctors taking a trip around the world. The writer would be happy in feeling that if your health allows, it will be your pleasure to permit Mr. Thompson to call and pay you his respects as well as my own and to express to you continued admiration and appreciation of what your wonderful contribution to the friendship of Japan and the United States has been and continues to be.
  With assurance of my continued high regard, I am
              Very truly yours,
                     (Signed)
                Edward M. Skinner
EMS MFA
(右訳文)
          (栄一鉛筆)
          三年一月二十五日一覧
          トンプソン氏本日事務所ヘ来訪ニ付、
 - 第39巻 p.529 -ページ画像 
小畑氏ノ通訳ニテ種々談話シ、充分ノ了解ヲ得テ辞去シタリ
                        明六
 東京市                 (一月廿四日入手)
  渋沢子爵閣下
            市俄古、一九二七年十二月十七日
               エドワード・エム・スキンナー
拝啓、益御清適奉賀候、然ば既に御承知の事とは存候得共、小生は嘗ては商業会議所会頭たりしものに有之、現に同会議所長老会の議長を務め居るものに御座候
誠に勝手乍ら本書持参人アルフレツド・シー・トンプソン氏を御紹介申上候間、御差支御座なく候はゞ御引見の栄を賜はり度候、同氏は設立後三十七ケ年間を経過せるウヰルソン兄弟商会(糸物類)と称する確実なる大商店建設の為めに、物質的援助を与へられたる人なるのみならず小生親友の一人にも有之候
トンプソン氏は医師の奨めにより夫人同伴にて世界漫遊の途に上られ今回貴国を訪問致す事と相成候に付き、此機会に於て閣下に対し同氏並に小生の敬意を表し、併せて日米親善増進の為めに驚くべき貢献を被遊たる閣下の功績に対する小生等の讃美と感謝とを表し上げ度候
謹んで敬意を奉表候 敬具


竜門雑誌 第四七三号・第七九―八二頁昭和三年二月 トムソン氏来訪(DK390257k-0003)
第39巻 p.529-530 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。