デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2022.3.15

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
3款 北支旱魃飢饉罹災民救済 附 中国災民児童救済及ビ帰国援助
■綱文

第40巻 p.45-46(DK400008k) ページ画像

大正15年8月(1926年)

是月栄一、東洋婦人会ノ募集スル中国災民児童ノ帰国旅費中ニ金若干円ヲ寄付ス。


■資料

(清藤秋子)書翰 渋沢栄一宛 大正一五年八月六日(DK400008k-0001)
第40巻 p.45-46 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

(東洋婦人会)書翰 渋沢栄一夫妻宛 (大正一五年)八月一〇日(DK400008k-0002)
第40巻 p.46 ページ画像

(東洋婦人会)書翰 渋沢栄一夫妻宛 (大正一五年)八月一〇日
                     (渋沢子爵家所蔵)
(謄写版)
拝啓
酷暑の候益々御清勝賀し奉り候、陳ば御賛助によりて救済いたし候支那飢民児童等も当月にて約束の五ケ年満期に相成候、右児童等を故栗塚氏が去る大正十年の八月引率して帰へられし時は総数二十三名にて候処十二年の大震災にて一名は焼死いたし十一名は当時外務省より帰国いたし候、残り十一名の内三名は病気又は家事の都合にて帰国いたし候故、期間満了まで一定の職業を修得せしものは別紙○略ス八名に候之等八名を八月十五日神戸出帆の郵船勝浦丸にてそれそれ郷里に帰国せしむることゝ相成候間左様御承知下され度候、右御通知まで 敬具
  八月十日                東洋婦人会
    (宛名手書)
    子爵 渋沢栄一殿
       同 令夫人
   ○左文ハ前掲東洋婦人会ヨリノ書翰封筒ニ栄一鉛筆ニテ記載セシモノナリ。
当婦人会よりハ清藤秋子之名にて、支那学生帰国之旅費幾分ニても寄附之事再三被申出候ニ付而ハ、金額五拾円乃至百円迄当家個人之資格ニて寄附取計可申候事
  八月十二日


(清藤秋子)書翰 渋沢栄一宛 (大正一五年)八月二〇日(DK400008k-0003)
第40巻 p.46 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。