デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
6節 国際災害援助
9款 関東大震災ニ対スル外国ノ援助
■綱文

第40巻 p.233-235(DK400060k) ページ画像

大正12年9月(1923年)

是月以降、関東大震火災ニ対シアメリカ合衆国及ビ其他ノ国ノ栄一ノ関係団体及ビ友人ヨリ、栄一ニ見舞及ビ災害救援ノ申出アリ。栄一其都度其厚意ヲ謝シ、希望ヲ回答ス。

44. ライマン・ジェー・ゲージ


■資料

(ライマン・ジェー・ゲージ)書翰 渋沢栄一宛一九二三年一〇月一二日(DK400060k-0001)
第40巻 p.234-235 ページ画像

(ライマン・ジェー・ゲージ)書翰 渋沢栄一宛一九二三年一〇月一二日
                    (渋沢子爵家所蔵)
                 Point Loma, California,
                  October 12th, 1923
Viscount E. Shibusawa,
  Asukayama, Tokyo.
Dear Friend :
  It is impossible for me to express in feeling terms my satisfaction in learning from your esteemed letter of September 11th, that you and your family had substantially escaped injury from the unprecedented effects of the catastrophy which has overtaken your country. I am rejoiced beyond measure at your present good fortune.
  The shocking event stirred deeply the sympathies of the Americcan people. As you will no doubt learn, almost overnight ten millions of dollars was voluntarily pledged to the Red Cross for relief work, and if occasion requires, I have no doubt this sum can be easily doubled. It is said that "Out of every evil, some good may be born," and I am sure that the suffering of your people has awakened a keen sense of the unity of races, divers as these races may be in their social life and habits.
  My own mind harkens back to the days spent by the members of the "Vanderlip party" in conference with you and other representative men of Japan. I hope that all the members of that group which we meet from day to day for a week, have been as fortunate as you in escaping the great disaster. To the extent that this may be true as to Viscount Kaneko and the other gentlemen, please convey to them as you meet them, my most sympathetic congratulations.
  It is fine to note that the spirit of Japan is rising superior to the calamity. Time, the great healer, will repair the wounds your country has suffered, and from the ashes of Tokyo and Yokohama will rise in the years to come, nobler cities and a nobler civilization.
  Please convey to the members of your family my warmest expressions of esteem and good will.
             Cordially yours,
             (Signed) Lyman J. Gage
(右訳文)
          (栄一鉛筆)
          十一月十五日一覧、懇切之来状ニ対シ相当ノ回答案取調可申事
 東京市              (十一月五日入手)
 - 第40巻 p.235 -ページ画像 
  子爵渋沢栄一閣下
           加州ポイントロマ一九二三年十月十二日
                 ライマン・ジエー・ゲージ
拝啓、九月十一日附の貴翰正に落手難有拝誦仕候、閣下並に御家族様には今回貴国に起れる未曾有の大震災に際し、無事御免れ相成候由慶賀此事に存候、此恐るべき大災害に対して米国民は深厚の同情を表し僅に一夜にして赤十字社の募集せる義捐金額は壱千万弗に上るの情況なりし事は已に御承知のことに御座候、事情によりては此金額を二倍にするは我が邦に取り易々たることと愚考仕候、「如何なる凶事にても其中に幾分の吉事を蔵す」といふ諺有之候、日米両人種は風俗を異にするも、今回の災厄により両人種の一致の感念は極めて深刻と相成候事と存候、小生は先年ヴアンダーリツプ氏一行と日本に参り、閣下を始め日本の代表的人物と協議せる頃を回想致候、当時一週間の協議中毎日面会せる人々も、閣下と同様無事災害を免れられし事を祈居候、金子子爵其他の方々も同様無事に候はば閣下より何卒小生の祝意を御伝被下候様祈上候、日本魂は如此災害に屈する処なく益々光輝を放たんとせるは慶賀に堪えざる処に御座候、時間といふ名医は力あるものなれば次第に日本の創痍も癒え焦土に帰せし東京及横浜も光輝ある文明の都市として更生の喜に際会することも遠からざるべくと存候
終に臨み御家族様方に敬意と好意を奉捧候 敬具


渋沢栄一書翰 控 ライマン・ジェー・ゲージ宛大正一三年二月一四日(DK400060k-0002)
第40巻 p.235 ページ画像

渋沢栄一書翰 控  ライマン・ジェー・ゲージ宛大正一三年二月一四日
                    (渋沢子爵家所蔵)
                 (栄一鉛筆)
                 十三年一月三十日一覧
    案
 加州ポイントロマ
  ライマン・ジエー・ゲージー殿
                     渋沢栄一
拝復、九月十二日附《(十)》の尊書正に落手難有拝見仕候
然は先般我国に勃発せる大震災に際しては、早速御懇篤なる御慰問を忝し、御厚志難有奉深謝候、当時我国の被れる惨害は真に甚しきもの有之候へども、幸にして老生始め家族一同無事なるを得たるは天佑と存じ喜居候、何卒御省念被下度候
老生は災後間もなく民間の有志と相謀り大震災善後会を組織し、罹災者の救護、都市の復興等に関し日夜奔走罷在候
今回の災厄の報一たび至るや、貴国官民の同情翕然として我邦に集り少時にして莫大の義捐金を募集し以て我国の罹災者を救恤せられたる多大の御友情は、我国民の深く感銘して忘るゝ能はざる処に候、尊示の通り此災厄を機会として、一層両国民の親善を増進するに至りしは老生等多年両国の親善に微力を尽せるものゝ満足を覚え且つ欣喜罷在次第に御座候、右乍延引御礼まで如此御座候 敬具
  ○右英文書翰ハ大正十三年二月十四日付ニテ発送セラレタリ。