デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

4章 道徳・宗教
5節 修養団体
4款 財団法人修養団
■綱文

第43巻 p.478-487(DK430085k)

大正2年9月13日(1913年)

是ヨリ先、当団、浅草蔵前南元町ニ敷地ヲ求メ、第二向上舎ヲ新築セントス。栄一、森村市左衛門ト共ニ金一万二千円ヲ支出シテ之ヲ援助ス。是日、新築セル第二向上舎ニ於テ入舎式行ハレ、栄一出席シテ祝辞ヲ述ブ。次イデ十月五日、同所ニ於テ落成披露会催サレ、栄一出席シテ祝賀演説ヲナス。尚、当団本部事務所モ同地内ニ新築セラレ、栄一、森村ト共ニ右工費金五千円ヲ寄付ス。


■資料リスト
掲載ページ
資料No.
資料名
第43巻 p.478
(DK430085k-0001)
渋沢栄一 日記 明治四五年
第43巻 p.478
(DK430085k-0002)
向上 第五巻第七号・第六七頁明治四五年七月 ○七十人収容第二向上舎新築決定
第43巻 p.478-479
(DK430085k-0003)
向上 第六巻第一号・第三頁大正元年一一月 △第二向上舎建築着手
第43巻 p.479
(DK430085k-0004)
渋沢栄一 日記 大正二年
第43巻 p.479
(DK430085k-0005)
向上 第一二巻第六号大正七年六月 時代風潮と修養団の任務 △顧問渋沢男爵演説大要(於銀行集会所賛助員会)
第43巻 p.479-480
(DK430085k-0006)
修養団三十年史 同団編輯部編 第八一―八四頁昭和一一年一一月刊
第43巻 p.480-481
(DK430085k-0007)
向上 第七巻第一〇号・第八五―八六頁大正二年一〇月 入舎式;式後の茶話会
第43巻 p.481
(DK430085k-0008)
竜門雑誌 第三〇五号・第六七頁大正二年一〇月 ○修養団寄宿舎竣工披露式
第43巻 p.481
(DK430085k-0009)
中外商業新報 第九八六〇号大正二年一〇月六日 ○修養団新築披露式
第43巻 p.482-484
(DK430085k-0010)
向上 第七巻第一一号・第八―一〇頁大正二年一一月 披露会に臨んで特に団員諸君に告ぐ 出席講演せられし要領にて、文責は記者にあり。 顧問男爵 渋沢栄一
第43巻 p.484-485
(DK430085k-0011)
向上 第七巻第一一号・第七五―七七頁大正二年一一月 本部及第二向上舎 落成披露を兼ねたる大親睦会 新天地成り同志の士気昂る
第43巻 p.486
(DK430085k-0012)
〔参考〕渋沢栄一書翰 瓜生喜三郎宛(大正元年)一一月一日
第43巻 p.486-487
(DK430085k-0013)
〔参考〕向上 第六巻第一号・第五―六頁大正元年一一月 △修養団 監督寄宿 向上舎の経過