デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
19款 亜細亜学生会
■綱文

第46巻 p.38-42(DK460011k) ページ画像

大正10年9月(1921年)

是ヨリ先、大正八年十二月当会成立シ、是月栄一、当会顧問トナル。


■資料

青淵先生職任年表(未定稿) 昭和六年十二月調 竜門社編 竜門雑誌第五一九号別刷・第二一頁 昭和六年一二月刊(DK460011k-0001)
第46巻 p.38 ページ画像

青淵先生職任年表(未定稿)昭和六年十二月調 竜門社編
             竜門雑誌第五一九号別刷・第二一頁昭和六年一二月刊
    大正年代
 年 月
一〇 九―亜細亜学生会顧問―昭和六、一一。


亜細亜学生会趣意書 刊(DK460011k-0002)
第46巻 p.38-40 ページ画像

亜細亜学生会趣意書 刊
(印刷物)
 会長  専修大学学長   阪谷芳郎
 副会長 元明治大学学長  木下友三郎
 理事  拓殖大学理事   永田秀次郎
 同   東京帝国大学学長 古在由直
 同   明治大学学長   横田秀雄
 同   慶応義塾大学総長 林毅陸
 同   早稲田大学理事  塩沢昌貞
 顧問           渋沢栄一
 同            後藤新平
 同            山川健次郎
 同            元田肇
 同            高田早苗
 同            鎌田栄吉
 同            平沼淑郎
 同            仁井田益太郎
 同            富谷鉎太郎
 同            木村久寿弥太
 同            団琢磨
 同            服部金太郎
 同            山科礼蔵
 会計監督         小林丑三郎
 同            豊田教嘉
 主事           中島常吉
    亜細亜学生会趣旨
 □本会は、『亜細亜の学生』としての正しき自覚に生きんとする、東京都下の各大学学生を以て組織された研究と修養との会であります
 □我等は、将来に於て亜細亜の中堅たるべき青年に国際的訓練を施して襟度大に視野広く、国境の上に超然たる大人格者を養成せんとす
 - 第46巻 p.39 -ページ画像 
るものであります。
 □我等は、真の人類愛を体得し、先づ洲を同じくする亜細亜の各国人との親睦を厚くし相互意志の疎通を図り、特に各国学生とは兄弟として手を握つて行きたいのであります。
 □我等は、光輝ある亜細亜の文化が、今や再び興隆して新世界に福音を齎すべき時運を迎へんとしつゝあるを思ひ、亜細亜民族として、世界に対して責任の重大なるを感じます。
 □我等は、如上の目的を達せんが為に、亜細亜の人達と常に胸襟を開いて相往来し、手を携へて文化の研究と人格の修養とに力を尽さんとするものであります。
    本会成立の由来
 □本会は大正七年の秋に企画され、大正八年二月最初の生声を挙げました。当時は中華民国の学生をはじめ、印度・暹羅・比律賓その他亜細亜各地の学生を会員として網羅し、故大隈侯を総裁として、大正八年三月二日築地精養軒に於て大々的の発会式を行つたのであります
 □然るに、時恰も欧洲戦争の末期に当り、二十一箇条問題其他種々の理由より何分にも一部中華民国学生の誤解が甚しく、日本の朝野も亦冷淡に非んば怪訝の眼を以て見る有様であつたので、遂に暫く組織を一変して日本人本位の会――日本の学生を中心として内外に此趣旨を宣伝する会となすべき議が起り、阪谷芳郎氏を組織改正委員長に、元田肇・江原素六・高田早苗・鎌田栄吉・木下友三郎・仁井田益太郎平沼淑郎・永田秀次郎・阿部秀助・清水泰治諸氏を組織改正委員に仰ぎ、之等諸先輩の指導と同志学生の奔走と相俟つて、同八年十二月二十日愈々本会の成立を見たのであります。
 □爾来九星霜、本会の抱ける大目的の上より見れば、未だ前途は遼遠でありますが、定時研究会・講演会・野遊会を開催し、随時印刷物を刊行すると共に、毎夏旅行団を亜細亜各地に派遣し、或は亜細亜各地よりの来朝者を歓迎し、或は留学生と懇親会を開催し、或は対支問題に就いて当局に建議する等、着々其の歩を進め今や亜細亜各国人の本会の真の趣意を了解する処となり、一路本会当初の目的に添ふて躍進の道程をたどりつゝあるものであります。
    亜細亜学生会規約
      第一章 名称及位置
第一条 本会ヲ亜細亜学生会ト称ス
第二条 本会ハ本部ヲ東京市神田区駿河台明治大学内ニ、集会所ヲ同市麹町区下六番町十一番地内ニ置ク
      第二章 目的及事業
第三条 本会ハ亜細亜青年ノ懇親並ニ相互思想ノ融合ヲ図リ亜細亜文明ノ開発ニ務メ以テ人類ノ福祉ヲ増進セムコトヲ期ス
第四条 本会ハ前条ノ目的ヲ達セムカ為ニ左ノ事業ヲ行フ
  一 研究会・講演会・野遊会ノ開催
  一 会員ノ亜細亜各地派遣
  一 来朝者歓迎会ノ開催
  一 亜細亜学生大懇親会ノ開催
 - 第46巻 p.40 -ページ画像 
  一 機関雑誌ノ発行、夏期講習会開催
  一 出版物ノ刊行
  一 会館ノ建設
○中略
             亜細亜学生会
              本部       明治大学
              支部       慶応義塾大学
                       早稲田大学
                       東京帝国大学
                       拓殖大学
                       東京外国語学校
                       専修大学
                       法政大学
              集会所 麹町区下六番町十一番地
                     電話九段九二九番


青淵回顧録 渋沢栄一述 小貫修一郎編 下巻・第一五六四―一五六八頁昭和二年八月刊(DK460011k-0003)
第46巻 p.40-42 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。