デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

とくがわ・いえさと 徳川 家達(1940年没)
掲載巻ページ資料名
第6巻 p.607-612銀行通信録 第三九巻第二三六号・第七九九―八〇三頁〔明治三八年六月一五日〕 連合祝捷会
第29巻 p.285-288竜門雑誌 第一六二号・第五―八頁 明治三四年一一月 青淵先生還暦祝賀会紀事
第31巻 p.54竜門雑誌 第五一八号・第三九―四〇頁 昭和六年一一月 弔詞
第31巻 p.373-374大震災善後会書類 【拝啓来二十六日午後零時三十分後一時三十分後三時ヨリ…】
第31巻 p.389-391大震災善後会報告書 同会編 第二五―三一頁 大正一四年一二月刊
第31巻 p.397大震災善後会書類 【謹啓愈々御清穆奉賀候、陳は這回の大震火罹災者に対し深厚なる御同情を寄せられ…】
第31巻 p.465-467協調会書類 【(印刷物) 拝啓、時下炎暑の候益々御清適の条欣慰の至に候、…】
第31巻 p.541協調会書類 【今般未曾有ノ災害ニ遭遇シ、…】
第36巻 p.497-498国際聯盟協会書類(一) 【(印刷物) 今回の大震災に際しては…】
第36巻 p.593国際聯盟協会書類(一) 【レオン・ブルジヨア閣下 日本国際聯盟協会】
第37巻 p.248(渋沢栄一徳川家達)電報控 ハーバート・シー・フーヴァー宛一九二九年三月二日
第37巻 p.367-368AN INTERPRETATION OF THE LIFE OF VISCOUNT SHIBUSAWA by KYUGORO OBATAS[KYUGORO OBATA] INTRODUCTION. pp.xvi-xvii〔14-17〕, Nov., 1937.
第41巻 p.97竜門雑誌 第五一八号・第三六―三七頁昭和六年一一月 ○弔詞
第41巻 p.101(徳川家達)書翰 渋沢栄一宛大正一五年五月一五日
第41巻 p.559-560中外商業新報 第一〇八八四号大正五年七月三〇日 ○献金三百万円 青山の外苑奉建事業盛況 明治神宮奉賛会々長 徳川家達公談
第41巻 p.585竜門雑誌 第五一八号・第二〇―三九頁昭和六年一一月 葬儀○渋沢栄一
第41巻 p.585-586(明治神宮奉賛会会長)書翰 渋沢敬三宛昭和一二年四月一九日
第49巻 p.122-123(徳川家達)書翰 渋沢栄一宛 (昭和四年)六月四日
第57巻 p.757-766泰徳院殿御葬儀記録 四 【一、御法要】
第57巻 p.780-791竜門雑誌 第五一九号・第一〇〇―一一八頁 昭和六年一二月 実業団体催故渋沢子爵追悼会(十二月十一日午後二時より東京市公会堂に於て)