デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.13

しぶさわ・えいいち 渋沢栄一(1931年没)
掲載巻ページ資料名
第3巻 p.21-23郵便蒸気船会社文書 (栄一自筆)
第3巻 p.23-24川崎正蔵 (山本実彦著) 第九四―九五頁 〔大正七年九月〕
第3巻 p.24-25鴻爪痕 (前島弥発行) 追懐録第二七―二八頁〔大正九年四月〕 男爵 渋沢栄一君談
第3巻 p.25世外侯事歴 維新財政談 下・第三七七頁 〔大正一〇年九月〕
第3巻 p.25渋沢栄一 書翰 井上馨宛明治五年二月一九日
第3巻 p.76渋沢栄一 書翰 侯爵大隈重信宛(八年)三月六日
第3巻 p.77渋沢栄一 書翰 大隈重信宛(八年)六月四日
第3巻 p.86-87渋沢栄一書翰 吉田清成宛(明治三年)七月二〇日
第3巻 p.95-97出がら繭の記
第3巻 p.97-98(題額) 「田島武平君墓表」 (群馬県佐波郡島村新地所在)
第3巻 p.98-99雨夜譚会談話筆記 上巻・第五八―六一頁〔大正一五年一〇月―昭和二年一一月〕
第3巻 p.116-119貨政考要 下編・第二〇六―二〇七頁〔明治二〇年〕(明治前期 財政経済史料集成 第一三巻・第四一七―四一八頁〔昭和九年七月〕)
第3巻 p.139-140青淵修養百話 (渋沢栄一講述)坤・第五一七―五一九頁〔大正四年一一月〕 四 度量衡顧回談
第3巻 p.150世外侯事歴 維新財政談 上・第一二五―一二六頁 〔大正一〇年九月〕 一二 新貨条例並製貨に関する事
第3巻 p.177雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第一三丁―第一五丁 〔明治二〇年〕
第3巻 p.179渋沢栄一 書翰 千代夫人宛(四年)五月二一日
第3巻 p.179-180渋沢栄一 書翰 大隈重信宛(明治四年カ)六月二九日
第3巻 p.185-187世外侯事歴 維新財政談 中・第二二六―二三〇頁 〔大正一〇年九月〕
第3巻 p.187-189竜門雑誌 第四四七号・第二―五頁〔大正一四年一二月〕 進退を共にした井上馨侯(青淵先生)
第3巻 p.189-190竜門雑誌 第四六一号・第九〇―九一頁 〔昭和二年二月〕 西郷南州(青淵先生)
第3巻 p.197-198雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第一一―第一二丁〔明治二〇年〕
第3巻 p.198-199世外侯事歴 維新財政談 中・第二六九―二七三頁 〔大正一〇年九月〕 二四 藩札の処分
第3巻 p.213雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第二七丁 〔明治二〇年〕
第3巻 p.224雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第一二丁 〔明治二〇年〕
第3巻 p.224-226世外侯事歴 維新財政談 中・第二五五―二六〇頁 〔大正一〇年九月〕
第3巻 p.232-233渋沢栄一 書翰 井上馨宛(明治四年)七月一四日
第3巻 p.235-236雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第一五―二〇丁 〔明治二〇年〕
第3巻 p.237-243世外侯事歴 維新財政談 中・第二三六―二五二頁 〔大正一〇年九月〕
第3巻 p.243-244処世の大道 (渋沢栄一著) 〔第八四―八六頁/第七四二―七四四頁 昭和三年九月〕
第3巻 p.248-249立会略則目次並ニ序文
第3巻 p.255-261世外侯事歴 維新財政談 下・第三四七―三六四頁 〔大正一〇年九月〕 三一 旧藩内外債の処分
第3巻 p.263-264渋沢栄一 書翰 井上馨宛(明治四年)一〇月二日
第3巻 p.269-270世外侯事歴 維新財政談 中・第二九四―二九七頁 〔大正一〇年九月〕 二七 大蔵省並開拓使兌換証券
第3巻 p.277-278雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第二一―二四丁 〔明治二〇年〕
第3巻 p.279渋沢栄一書翰 井上馨宛(明治四年)一一月一七日
第3巻 p.279-280渋沢栄一 書翰 芝崎確次郎宛日付不詳
第3巻 p.280渋沢栄一書翰 芝崎確次郎宛(明治四年)一一月二三日
第3巻 p.292-293渋沢栄一 書翰 井上馨宛(明治四年)一二月二四日
第3巻 p.294-295渋沢栄一等連署 書翰 上野景範宛(明治五年四月)
第3巻 p.298世外侯事歴 維新財政談 中・第三〇七―三〇八頁 〔大正一〇年九月〕
第3巻 p.304-306竜門雑誌 第二九二号・第一七―一九頁 〔大正一年九月〕 ○秀総院喜作居士の霊前に於て(青淵先生)
第3巻 p.310雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第二三―二四丁 (明治二〇年)
第3巻 p.310-311竜門雑誌 第二四四号・第一頁 〔明治四一年九月〕 井上侯爵(青淵先生)
第3巻 p.311竜門雑誌 第二二六号・第六―七頁 〔明治四〇年三月〕 目下の経済事情(青淵先生)
第3巻 p.311-312渋沢栄一 書翰 佐野常民宛(明治五年)九月七日
第3巻 p.312-314渋沢栄一 書翰 佐野常民宛(明治六年一月一七日)
第3巻 p.314-316蚕桑集成
第3巻 p.337渋沢栄一書翰 大隈重信宛(明治五年)三月一二日
第3巻 p.342-344世外侯事歴 維新財政談 下・第三六四―三七〇頁 〔大正一〇年九月〕 三二 尾去沢一件
第3巻 p.372渋沢栄一 書翰 井上馨宛 ○明治五年五月二〇日
第3巻 p.372-373渋沢栄一 書翰 井上馨宛 ○五月二二日
第3巻 p.373-374渋沢栄一 書翰 井上馨宛 ○明治五年五月二四日
第3巻 p.375-377得能良介君伝 〔大正一〇年一〇月〕 ○第九六頁―一〇二頁 三 渋沢子爵の談話
第3巻 p.378-380漫談明治初年 (同好史談会編) 第六八―七四頁〔昭和二年一月一日〕 大蔵省で大福帳
第3巻 p.385-387雨夜譚会談話筆記 下・第五九〇―六〇〇頁〔昭和二年一一月―五年七月〕
第3巻 p.394雨夜譚 巻之五・第二三―二四丁〔明治二〇年〕
第3巻 p.398-400七分利付外国公債発行日記 (三)(明治前期 財政経済史料集成 第一○巻〔昭和一○年八月〕) ○第二八―一二〇頁
第3巻 p.401-402七分利付外国公債発行日記 (三)(明治前期 財政経済史料集成 第一○巻〔昭和一○年八月〕) ○第一二五―一二七頁
第3巻 p.406七分利付外国公債発行日記 (五)(明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻〔昭和一〇年八月〕) ○第一七二―一七三頁
第3巻 p.417-418七分利付外国公債発行日記 (七) (明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻〔昭和一〇年八月〕) ○第二二九―二三一頁
第3巻 p.420-426在欧吉田少輔往復書類 (二) (明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻〔昭和一〇年八月〕) ○第二九一―二九七頁
第3巻 p.426-428在欧吉田少輔往復書類 (二) (明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻〔昭和一〇年八月〕) ○第三〇八―三〇九頁
第3巻 p.432-450在欧吉田少輔往復書類 (三)(明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻〔昭和一〇年八月〕) ○第三二三―三三二頁
第3巻 p.454-462在欧吉田少輔往復書類 (四)(明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻〔昭和一〇年八月〕) ○第三五六―三六四頁
第3巻 p.462-471在欧吉田少輔往復書類 (五)(明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻 〔昭和一〇年八月〕) ○第三七五―三八三頁
第3巻 p.480-481在欧吉田少輔往復書類 電信書籍綴(明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻〔昭和一〇年八月〕) ○三九四頁
第3巻 p.481在欧吉田少輔往復書類 電信書籍綴(明治前期 財政経済史料集成 第一〇巻〔昭和一〇年八月〕) ○第三九七頁
第3巻 p.491-493航西日記 (渋沢栄一・杉浦靄山共著) 第一巻
第3巻 p.498-501世外侯事歴 維新財政談 下・第三三四―三四三頁 〔大正一〇年九月〕 三〇 準備金の事
第3巻 p.502-503雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第六―八丁〔明治二〇年〕
第3巻 p.520渋沢栄一 書翰 井上馨宛(明治五年)八月二九日
第3巻 p.530世外侯事歴 維新財政談 下・第三一四―三二〇頁 〔大正一〇年九月〕 二八 国立銀行の創設
第3巻 p.530-532竜門雑誌 第二六五号・第三三―三五頁〔明治四三年六月〕 ◎京都徒弟講習所に於て(青淵先生)
第3巻 p.532-534竜門雑誌 第三〇四号・第二二―二四頁〔大正二年九月〕 ◎銀行業の沿革(青淵先生)
第3巻 p.535-540竜門雑誌 第四六六号・第一―八頁〔昭和二年七月〕 旧友アーラン・シヤンド(青淵先生)
第3巻 p.568-569雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第二六丁―第三二丁〔明治二〇年〕
第3巻 p.569-570竜門雑誌 第八八号・第五―七頁〔明治二八年九月一五日〕 ○日本経済会に於て 渋沢栄一君演説 速記法研究会員速記
第3巻 p.570-571竜門雑誌 第八九号・第一―四頁〔明治二八年一〇月一五日〕 ○日本経済会に於て(承前)渋沢栄一君演説 速記法研究会員速記
第3巻 p.571-572竜門雑誌 第二五一号・第一三―一四頁〔明治四二年四月二五日〕 ○明治五年の財界(青淵先生)
第3巻 p.572竜門雑誌 第二五二号・第六頁〔明治四二年五月二五日〕 ○明治五年の財界(承前)(青淵先生)
第3巻 p.572-577世外侯事歴 維新財政談 下・第三〇九頁 〔大正一〇年九月〕 二八 国立銀行の創設
第3巻 p.582-585明治商工史 第四九―五五頁〔明治四四年三月〕 第三章 銀行業の沿革 男爵 渋沢栄一
第3巻 p.585-586竜門雑誌 第四四三号・第九頁〔大正一四年八月〕 諸々の回顧(三)(青淵先生)
第3巻 p.629雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五 第二八―二九丁(明治二〇年)
第3巻 p.629-630渋沢子爵家所蔵文書 辞表
第3巻 p.630-631渋沢栄一書翰 大隈重信宛(明治六年)一月五日
第3巻 p.631-633渋沢栄一書翰 大久保利通・伊藤博文宛(明治六年)一月一五日
第3巻 p.633-635渋沢栄一書翰 吉田清成宛(明治六年)一月十七日
第3巻 p.638雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第二七―二八丁 〔明治二〇年〕
第3巻 p.638-641大日本憲政史 第一巻第一編 第六八七―六九一頁 〔昭和二年五月〕 二 征蕃問題の起因
第3巻 p.641雨夜譚会談話筆記 上〔大正一五年一〇月―昭和二年一一月〕 ○第三七―三八頁
第3巻 p.641-642雨夜譚会談話筆記 上〔大正一五年一〇月―昭和二年一一月〕 ○第二六七―二六九頁
第3巻 p.642-643渋沢栄一 書翰 井上馨宛(明治五年一一月一二日)
第3巻 p.645-646雨夜譚会談話筆記 下・第六四一―六四六頁〔昭和二年一一月―五年七月〕
第3巻 p.649-651竜門雑誌 第四六一号・第八九―九四頁〔昭和二年二月〕 【西郷南洲】
第3巻 p.652-654東京市養育院月報 第一二一号・第三―四頁〔明治四四年三月〕 二宮先生の遺法(渋沢男爵)
第3巻 p.656-657大隈侯爵家所蔵文書 【拝稟、昨日参殿奉願置候…】
第3巻 p.658-660渋沢栄一 書翰 大久保利通・伊藤博文宛(明治六年)一月一五日
第3巻 p.661雨夜譚会談話筆記 下・第五九五―五九六頁〔昭和二年十一月―五年七月〕
第3巻 p.661-662渋沢栄一 書翰 大久保利道・伊藤博文宛(明治六年)一月一五日
第3巻 p.662雨夜譚 (渋沢栄一述)巻之五・第一二―一三丁〔明治二〇年〕
第3巻 p.706-709明治文化全集 第四巻・憲政篇〔昭和三年七月〕 ○第二二三―二二六頁 議事章程
第3巻 p.714-717世外侯事歴 維新財政談 下・第三七六―三八四頁 〔大正一〇年九月〕 三四 地租改正
第3巻 p.717雨夜譚会談話筆記 上・第三五一―三五三頁〔大正一五年一〇月―昭和二年一一月〕
第3巻 p.719-720雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第二九―三〇丁 〔明治二〇年〕
第3巻 p.720報知新聞 第五十一号附録二 【私儀不能短才ノ身ヲ以是…】
第3巻 p.720-721渋沢栄一 書翰 井上馨宛(明治六年)五月五日
第3巻 p.721-722世外侯事歴 維新財政談 下・第四〇一―四一四頁 〔大正一〇年九月〕 三七 井上侯辞職の顛末
第3巻 p.724-726竜門雑誌 第一四六号・第八―一〇頁 〔明治三三年七月〕 ○東京商業会議所の祝賀会に於ける青淵先生の演説
第3巻 p.726竜門雑誌 第一五八号・第九―一〇頁 〔明治三四年七月〕 実業発達の必要
第3巻 p.726竜門雑誌 第一七四号・第五二頁 〔明治三五年一一月〕 The Creator of Industrial Japan
第3巻 p.727竜門雑誌 第二五二号・第九―一〇頁 〔明治四二年二月〕 ○明治五年の財界(承前)(青淵先生)
第3巻 p.727竜門雑誌 第二五三号・第八頁 〔明治四二年六月〕 ○明治五年の財界(承前)(青淵先生)
第3巻 p.727-730竜門雑誌 第三一〇号・第一一―一四頁 〔大正三年三月〕 ○論語と予(其一)(青淵先生)
第3巻 p.730竜門雑誌 第三一一号・第一八頁 〔大正三年四月〕 ○論語と予(其二)(青淵先生)
第3巻 p.730-731竜門雑誌 第三三九号・第二〇―二二頁 〔大正五年八月〕 ○実験論語処世談(一五)(青淵先生)
第3巻 p.731-733竜門雑誌 第三四四号・第四四―四五頁 〔大正六年一月〕 ○道徳と経済(青淵先生)
第3巻 p.734-738竜門雑誌 第二四九号・第二―一一頁 〔明治四二年三月〕 青淵先生の訓言
第3巻 p.741-742雨夜譚 (渋沢栄一述) 巻之五・第三一丁 〔明治二〇年〕
第3巻 p.742渋沢栄一書翰 井上馨宛(明治六年)五月六日
第3巻 p.742-743渋沢栄一 書翰 大隈重信宛(明治六年)五月六日
第3巻 p.743-748財政改革ニ関スル奏議 〔明治六年五月七日提出〕
第3巻 p.755-757世外侯事歴 維新財政談 下・第四〇五―四一〇頁 〔大正一〇年九月〕 三七 井上公辞職の顛末
第3巻 p.757-759世外井上公伝 第一巻・第五四九―五六九頁 〔昭和八年一一月〕
第3巻 p.763世外侯事歴 維新財政談 上・第六九―七〇頁 〔大正一〇年九月〕
第3巻 p.763-765竜門雑誌 第三二九号・第三八―四一頁〔大正四年一〇月〕 ○故井上侯を憶ふ(青淵先生)