デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.13

しぶさわ・えいいち 渋沢栄一(1931年没)
掲載巻ページ資料名
第33巻 p.5渋沢栄一 日記 大正四年
第33巻 p.5渋沢栄一書翰 明石照男宛(大正四年)七月二七日
第33巻 p.6竜門雑誌 第三二九号・第八〇―八一頁 大正四年一〇月 ○青淵先生渡米の使命
第33巻 p.6-7渋沢栄一 日記 大正四年
第33巻 p.7-8竜門雑誌 第三三〇号・第八〇頁 大正四年一一月 ○東商の青淵先生送別会
第33巻 p.11-16竜門雑誌 第三三〇号・第二二―二八頁 大正四年一一月 ○青淵先生送別会に於て 青淵先生
第33巻 p.16-17竜門雑誌 第三三〇号・第七九―八〇頁 大正四年一一月 ○大隈首相の送別茶話会
第33巻 p.18-22渋沢栄一 日記 大正四年
第33巻 p.28-30竜門雑誌 第三三一号・第一八―二一頁大正四年一二月 ○余が今回の渡米理由 大正四年十月三十一日天長節の佳辰に当り 太平洋上春洋丸の船室に於て 青淵先生
第33巻 p.30-31渋沢栄一書翰 八十島親徳宛(大正四年)一〇月三〇日
第33巻 p.31-32渋沢栄一書翰 阪谷芳郎宛(大正四年)一〇月三一日
第33巻 p.32-33渋沢栄一書翰 佐々木勇之助宛(大正四年)一〇月三一日
第33巻 p.33-34渋沢栄一書翰 明石照男宛(大正四年)一〇月三一日
第33巻 p.35-41渋沢栄一 日記 大正四年
第33巻 p.48-50竜門雑誌 第三三二号・第二六―二七頁大正五年一月 ○青淵先生の日米親善論
第33巻 p.50渋沢栄一書翰 八十島親徳宛(大正四年)一一月八日
第33巻 p.50-51渋沢栄一書翰 阪谷芳郎宛大正四年一一月八日
第33巻 p.51-56渋沢栄一日記 大正四年
第33巻 p.61-63竜門雑誌 第三三二号・第一九―二一頁 大正五年一月 ○カーネギー・ホールに於て
第33巻 p.63-64渋沢栄一書翰 ジェームス・ディー・ローマン宛 一九一五年一二月一六日
第33巻 p.64渋沢栄一書翰 セオドル・ルーズヴェルト宛 一九一五年一二月一六日
第33巻 p.65-67渋沢栄一日記 大正四年
第33巻 p.67-68渋沢栄一日記 大正五年
第33巻 p.71-72中外商業新報 第一〇六七五号 大正五年一月五日 ○日米益々親善 渋沢男帰朝談
第33巻 p.75-76国民新聞 第八五七九号 大正五年一月五日 渋沢男車中談 米国の対独感情
第33巻 p.78-86竜門雑誌 第三三五号・第三五―四五頁 大正五年四月 ○日本移民協会に於て 青淵先生
第33巻 p.89-98竜門雑誌 第三三五号・第二三―三五頁 大正五年四月 ○竜門社員の歓迎会に於て 青淵先生
第33巻 p.98-103竜門雑誌 第三三六号・第四三―五〇頁 大正五年五月 ○米国の経済事情 青淵先生
第33巻 p.113-128竜門雑誌 第三三四号・第二二―四二頁 大正五年三月 ○米国帰朝談 青淵先生
第33巻 p.138-139竜門雑誌 第三三四号・第一〇七頁 大正五年三月 ○日本貿易協会晩餐会
第33巻 p.139-141渋沢栄一書翰 ジェームス・ディー・ローマン宛 一九一六年二月二五日
第33巻 p.162-164竜門雑誌 第四〇〇号・第一四―一五頁 大正一〇年九月 ○青淵先生時事百話 渡米の趣旨
第33巻 p.164渋沢栄一書翰 フランク・シー・アサートン宛 一九二一年九月二十日
第33巻 p.169-170竜門雑誌 第四〇一号・第一八―二〇頁 大正一〇年一〇月 ○敬老会に於て 青淵先生
第33巻 p.171-180竜門雑誌 第四〇二号第一一―二四頁 大正一〇年一一月 ○本社主催渡米送別会に於て 青淵先生
第33巻 p.201-205渋沢栄一 日記 大正一〇年
第33巻 p.206-207竜門雑誌 第四〇七号・第三〇―三一頁 大正一一年四月 ○渡米日誌 青淵先生
第33巻 p.220渋沢栄一電報 フランク・シー・アサートン宛一九二一年一〇月二三日
第33巻 p.223-225渋沢栄一 日記 大正一〇年
第33巻 p.225-226竜門雑誌 第四〇七号・第三一―三二頁 大正一一年四月 ○渡米日誌 青淵先生
第33巻 p.230-242渋沢栄一 日記 大正一〇年
第33巻 p.242-247竜門雑誌 第四〇七号・第三二―三九頁 大正一一年四月 ○渡米日誌 青淵先生
第33巻 p.265-266竜門雑誌 第四二〇号・第二六―二八頁大正一二年五月 ○紐育州商業会議所晩餐会に於て 青淵先生
第33巻 p.266-267渋沢栄一書翰 ヴィー・エス・マクラチ宛一九二一年一〇月一日
第33巻 p.268渋沢栄一書翰 ヴィー・エス・マクラチ宛一九二一年一一月一七日
第33巻 p.270-271雨夜譚会談話筆記 下・第六六二―六六四頁昭和二年一一月―五年七月
第33巻 p.278-282渋沢栄一 日記 大正一〇年
第33巻 p.282渋沢栄一日記 大正一一年
第33巻 p.282-286竜門雑誌 第四〇七号・第三九―四四頁 大正一一年四月 ○渡米日誌 青淵先生
第33巻 p.303-304竜門雑誌 第四〇七号・第四四―四六頁 大正一一年四月 ○渡米日誌 青淵先生
第33巻 p.304-305渋沢栄一日記 大正一一年
第33巻 p.305渋沢栄一電報 フランク・エー・ヴァンダーリップ宛一九二二年一月一〇日
第33巻 p.306渋沢栄一書翰 フランク・エー・ヴァンダーリップ宛一九二二年一月一〇日
第33巻 p.320-325竜門雑誌 第五四七号・第一―八頁昭和九年四月 華盛頓会議と日米問題 =青淵先生御演説筆記録の中より=
第33巻 p.328-332竜門雑誌 第四〇八号・第一七―二二頁大正一一年五月 ○日本女子大学主催帰朝歓迎会に於て 青淵先生
第33巻 p.332-334竜門雑誌 第四〇九号・第三四―三七頁大正一一年六月 ○日本女子大学校主催帰朝歓迎会に於て 青淵先生
第33巻 p.340-350青淵先生演説速記集 雨夜譚会編 【大正一一年四月一六日 於飛鳥山邸 竜門社第六十七回春季 総集会(兼青淵先生帰朝歓迎会) (渡米の理由、その実情及感想)】
第33巻 p.350竜門雑誌 第四〇九号・第六九―七〇頁大正一一年六月 ○日米協会主催歓迎会
第33巻 p.370-371竜門雑誌 第四八五号・第七九―九〇頁昭和四年二月 青淵先生説話
第33巻 p.373-375渋沢栄一 日記 明治四四年
第33巻 p.375渋沢栄一書翰 八十島親徳・増田明六宛(明治四四年)八月七日
第33巻 p.375-376渋沢栄一書翰 八十島親徳宛(明治四四年)八月一〇日
第33巻 p.376渋沢栄一 日記 明治四五年
第33巻 p.388渋沢栄一 日記 明治四四年
第33巻 p.393-394渋沢栄一書翰 埴原正直宛(明治四五年)二月二五日
第33巻 p.398-399経済評論 第一二巻一六号・第四―五頁大正元年一二月五日 新大統領を歓迎す 男爵渋沢栄一
第33巻 p.399渋沢栄一 日記 大正二年
第33巻 p.409-410渋沢栄一書翰 控 牛島謹爾宛大正一三年一二月三一日
第33巻 p.416渋沢栄一 日記 大正一四年
第33巻 p.417-418竜門雑誌 第三〇〇号・第五九―六〇頁 大正二年五月 ○日米同志会と青淵先生
第33巻 p.422現代 第二巻・第一号 大正一〇年一月 国際道徳の指導者を以て任ぜよ 子爵渋沢栄一
第33巻 p.434渋沢栄一書翰 ジェームズ・ディー・ローマン宛 一九一三年六月二三日
第33巻 p.448渋沢栄一 日記 大正三年
第33巻 p.476-478竜門雑誌 第三五四号・第一五三―一五五頁大正六年一一月 ○日米関係委員会のアサートン氏歓迎会
第33巻 p.479-482竜門雑誌 第三五九号・第二五―二九頁大正七年四月 ○石井特派大使歓迎会に於て 青淵先生
第33巻 p.490渋沢栄一日記 大正七年
第33巻 p.492渋沢栄一日記 大正八年
第33巻 p.516渋沢栄一書翰 フランク・エー・ヴァンダーリップ宛一九二〇年七月二二日
第33巻 p.517-519渋沢栄一書翰 フランク・エー・ヴァンダーリップ宛一九二〇年八月二三日
第33巻 p.521-522報知新聞 第一五六七三号大正九年一〇月二日 排日対策(一) 議論を去つて実行に移れ 渋沢栄一子談
第33巻 p.527渋沢栄一書翰 原田助宛(大正九年)七月一日
第33巻 p.527-528渋沢栄一書翰 原田助宛(大正九年)七月六日
第33巻 p.528渋沢栄一書翰 増田明六宛(大正九年)七月六日
第33巻 p.528-529渋沢栄一書翰 阪谷芳郎宛(大正九年)七月六日
第33巻 p.529-530渋沢栄一書翰 原田助宛 大正九年七月一六日
第33巻 p.532-533渋沢栄一書翰 シドニー・エル・ギユーリック宛 一九二〇年八月一四日
第33巻 p.534渋沢栄一書翰 増田明六宛(大正九年)八月二二日
第33巻 p.534渋沢栄一書翰 増田明六宛 (大正九年)八月二五日
第33巻 p.540-542渋沢栄一書翰 奥村多喜衛宛 大正九年一一月七日
第33巻 p.543渋沢栄一書翰 奥村多喜衛宛 大正一〇年七月二八日
第33巻 p.543-544渋沢栄一書翰 奥村多喜衛宛 大正一〇年九月二〇日
第33巻 p.544渋沢栄一書翰 奥村多喜衛宛 大正一一年四月一五日
第33巻 p.544-545渋沢栄一書翰 奥村多喜衛宛 大正一一年八月七日
第33巻 p.552-553東京日日新聞 第一五七九一号 大正九年九月二三日 万策悉く尽きぬ 悲しき運命に泣く 加州七万の同胞 渋沢は米人を籠絡する怪しからぬ男と排日の道具にする加州人の非人道 渋沢子痛嘆して語る
第33巻 p.553-554中外商業新報 第一二三九八号 大正九年九月二五日 ○六十七年前を顧みて我が耳を疑ふ排日の声 日本を世界の仲間に導きしは実に米国なり 転た世の変遷の早きに驚くと渋沢氏の感激 =愛国の士よ激語を慎め=
第33巻 p.554-555二六新報 第二一二九号 大正九年九月二七日 至誠と冷静 加州排日問題に対し 渋沢子爵談
第33巻 p.555-557東方時論 第五巻・第一一号 大正九年一一月 道理の前に米国の反省を求む 子爵 渋沢栄一
第33巻 p.578-579渋沢栄一書翰 シドニー・エル・ギユーリック宛一九二一年三月二九日
第33巻 p.603渋沢栄一日記 大正一〇年
第33巻 p.603渋沢栄一日記 大正一〇年
第33巻 p.613-614渋沢栄一日記 大正一〇年
第33巻 p.616-617渋沢栄一書翰 シドニー・エル・ギューリック宛一九二一年五月一七日
第33巻 p.624-625渋沢栄一書翰(抄写) ウォレス・エム・アレグザンダー宛(一九二二年五月四日)
第33巻 p.625-627渋沢栄一書翰 ジョージ・ダブリュー・ウィカシャム宛一九二二年五月六日
第33巻 p.628渋沢栄一書翰 ジョージ・ダブリュー・ウィカシャム宛一九二二年八月一七日
第33巻 p.632-634竜門雑誌 第四一〇号・第一八―二〇頁大正一一年七月 ○米国海軍卿デンビー氏一行歓迎晩餐会に於て 青淵先生
第33巻 p.636渋沢栄一書翰 奥村多喜衛宛大正一一年一〇月一三日