デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.13

しぶさわ・えいいち 渋沢栄一(1931年没)
掲載巻ページ資料名
第30巻 p.5渋沢栄一 日記 明治四二年
第30巻 p.5-6渋沢栄一 日記 明治四三年
第30巻 p.6-7渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.7渋沢栄一 日記 明治四五年
第30巻 p.7-8渋沢栄一 日記 大正二年
第30巻 p.8渋沢栄一 日記 大正三年
第30巻 p.8-9渋沢栄一 日記 大正四年
第30巻 p.9-10九恵 東京市養育院月報第一六七号・第一―三頁 大正四年一月 渋沢院長の訓話
第30巻 p.11-12九恵 東京市養育院月報第一七九号・第一―三頁 大正五年一月 新年のお土産話(渋沢男爵)
第30巻 p.12渋沢栄一 日記 大正六年
第30巻 p.12-14九恵 東京市養育院月報第一九二号・第一―三頁 大正六年二月 汝等誓て忠良の国民たれ(養育院長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.14-15渋沢栄一 日記 大正七年
第30巻 p.15-16九恵 東京市養育院月報第二〇四号・第一―二頁 大正七年二月 新年を迎へて院児に望む(養育院長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.16渋沢栄一 日記 大正八年
第30巻 p.16-17渋沢栄一 日記 大正九年
第30巻 p.17渋沢栄一 日記 大正一〇年
第30巻 p.17-18東京市養育院月報 第二四七号・第一―三頁 大正一〇年九月 巣鴨分院児童に望む(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.18-20東京市養育院月報 第二五二号・第一―三頁 大正一一年二月 米国旅行より帰りて(養育院長 子爵 渋沢栄一)
第30巻 p.20渋沢栄一 日記 大正一二年
第30巻 p.20-21東京市養育院月報 第二六三号・第四―五頁 大正一二年一月 新年の挨拶(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.22-23東京市養育院月報 第二六九号・第三―五頁 大正一二年七月 知行合一(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.24-25東京市養育院月報 第二七〇号・第五―六頁 大正一三年一月 巣鴨分院児童の為めに(大正十二年十二月十三日)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.25-26東京市養育院月報 第二七〇号・第七頁 大正一三年一月 巣鴨分院児童に対する訓話(大正十三年一月十三日)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.26-28東京市養育院月報 第二七八号・第一―三頁 大正一三年九月 先づ身体の健全を図れ(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.28渋沢栄一 日記 大正一四年
第30巻 p.28-29東京市養育院月報 第二九〇号・第一―二頁 大正一四年九月 巣鴨分院児童の為めに(大正十四年九月十三日於巣鴨分院)(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.29-30東京市養育院月報 第二九一号・第一―二頁 大正一四年一〇月 日常の心得(大正十四年十月十三日於巣鴨分院)(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.30-31渋沢栄一 日記 大正一五年
第30巻 p.31-32東京市養育院月報 第二九四号・第一―二頁 大正一五年一月 お正月の心得(大正十五年一月十三日於巣鴨分院)(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.32-33東京市養育院月報 第二九六号・第一―二頁 大正一五年三月 巣鴨分院児童の為めに(大正十五年三月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.33-34東京市養育院月報 第二九七号第一―三頁 大正一五年四月 新学期に際して児童に望む(大正十五年四月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.35-36東京市養育院月報 第三〇一号・第一―三頁 大正一五年八月 精神集中の必要(大正十五年六月十三日於巣鴨分院)(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.37渋沢栄一 日記 昭和二年
第30巻 p.37-39東京市養育院月報 第三一一号・第三―五頁 昭和二年六月 児童に対する訓話(昭和二年四月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.39-40東京市養育院月報 第三一四号・第五―七頁 昭和二年九月 人各々其本分を尽せ(昭和二年六月十三日巣鴨分院に於ける訓話)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.40-42東京市養育院月報 第三一七号・第一―三頁 昭和二年一二月 時を大切にせよ(昭和二年十一月十三日巣鴨分院訓話)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.42-43渋沢栄一 日記 昭和三年
第30巻 p.43-44東京市養育院月報 第三一八号・第一―三頁 昭和三年一月 年頭訓言(昭和三年一月十三日巣鴨文院訓話)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.45-46東京市養育院月報 第三二一号・第一―二頁 昭和三年四月 児童への訓話(昭和三年三月十三日於巣鴨分院)児童への訓話(昭和三年三月十三日於巣鴨分院)
第30巻 p.46-48東京市養育院月報 第三二五号・第一―三頁 昭和三年八月 児童への訓話 (昭和三年八月十二日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.48-50東京市養育院月報 第三二八号・第一―三頁 昭和三年一一月 御即位の大礼奉祝と世界平和(昭和三年十一月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.50-52東京市養育院月報 第三二九号・第一―三頁 昭和三年一二月 歳末訓言(昭和三年十二月十四日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.52-55東京市養育院月報 第三三一号・第一―五頁 昭和四年二月 院児への訓話(昭和四年二月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.55-57東京市養育院月報 第三三六号・第一二―一四頁 昭和四年七月 常に情愛の心を持て(昭和四年六月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.57-60東京市養育院月報 第三四一号・第三―六頁 昭和四年一二月 児童訓話(昭和四年十一月十四日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.60-61東京市養育院月報 第三四九号・第一―二頁 昭和五年八月 訓言(昭和五年七月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.61-63東京市養育院月報 第三六〇号・第一―三頁 昭和六年七月 個人の幸福と国家の幸福(昭和六年六月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.64渋沢栄一 日記 明治四三年
第30巻 p.64渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.65-72東京市養育院月報 第一二六号・第三―八頁 明治四四年八月 白河楽翁公の遺徳(渋沢院長)
第30巻 p.72-73渋沢栄一 日記 明治四五年
第30巻 p.74-78九恵 東京市養育院月報第一四九号・第一―七頁 大正二年七月 論説(院長渋沢栄一)
第30巻 p.79渋沢栄一 日記 大正四年
第30巻 p.79-87九恵 東京市養育院月報第一七七号・第一―一二頁 大正四年一一月 楽翁公の人格(渋沢男爵講演)
第30巻 p.88渋沢栄一 日記 大正八年
第30巻 p.89-93楽翁公記念祭講演集 東京市養育院編 第三巻・第七九―八八頁 大正一一年刊
第30巻 p.94-98楽翁公記念祭講演集 東京市養育院編 第三巻・第八九―九六頁 大正一一年刊
第30巻 p.100渋沢栄一 日記 大正一五年
第30巻 p.101-104東京市養育院月報 第二九九号・第一―五頁 大正一五年六月 ○白河楽翁公の遺著(大正十五年五月十三日於楽翁公記念会)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.105-107東京市養院育月報 第三一三号・第一七―二一頁 昭和二年八月 楽翁公の住吉神社奉献百首和歌に就て(昭和二年五月十三日於楽翁公記念会)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.108-110東京市養育院月報 第三三五号・第一五―一八頁 昭和四年六月 ○楽翁公の壁書に就て(昭和四年五月十三日於楽翁公記念会)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.111-113東京市養育院月報 第三四七号・第一―三頁 昭和五年六月 ○白河楽翁公の伝記編纂に就て(昭和五年五月十三日於楽翁公記念会)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.114-115東京市養育院月報 第三五九号・第一―三頁 昭和六年六月 ○松平楽翁公記念会に就て(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.116渋沢栄一 日記 明治四三年
第30巻 p.116渋沢栄一 日記 大正七年
第30巻 p.117-118九恵 東京市養育院月報第二〇三号・第一―二頁 大正七年一月 看護学卒業証書授与式に臨みて(養育院々長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.119東京市養育院月報 第二五五号・第一―二頁 大正一一年五月 ○第十三回看護学講習生卒業式訓話(大意)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.120-121東京市養育院月報 第二七三号・第一―二頁 大正一三年四月 ○第十五回看護学並第五回産婆学講習生卒業証書授与式訓話(大正十三年四月十三日)(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.122-123東京市養育院月報 第二九八号・第一―三頁 大正一五年四月 看護学並産婆学講習生卒業証書授与式に於ける訓諭(大正十五年四月十五日於板橋本院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.124-125東京市養育院月報 第三一一号・第一―二頁 昭和二年六月 ○本院看護学並産婆学講習生卒業証書授与式に於ける訓諭(昭和二年四月十三日)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.132-133渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.141-142渋沢栄一 日記 大正二年
第30巻 p.142渋沢栄一 日記 大正一〇年
第30巻 p.143東京市養育院月報 第二六九号・第一―二頁 大正一二年七月 ○曖依村荘午餐会席上に於ける挨拶(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.148-163九恵 東京市養育院月報第一四六号・第一―二一頁 大正二年四月 本院の沿革と現状(院長渋沢栄一)
第30巻 p.163渋沢栄一 日記 大正四年
第30巻 p.163-166九恵 東京市養育院月報第二〇〇号・第一〇―一四頁 大正六年一〇月 養育院将来の企望に就いて(院長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.167-168九恵 東京市養育院月報第一六二号・第一―二頁 大正三年八月 渋沢院長の訓示(八月二日安房分院に於て)
第30巻 p.168渋沢栄一 日記 明治四五年
第30巻 p.168渋沢栄一 日記 大正三年
第30巻 p.172-173東京市養育院創立五十周年記念回顧五十年 渋沢栄一述 第三六―三八頁 大正一一年一一月刊
第30巻 p.174-175九恵 東京市養育院月報第一九〇号・第一―三頁 大正五年一二月 執務者に斯の信念を望む(養育院々長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.176渋沢栄一 日記 大正六年
第30巻 p.176渋沢栄一 日記 大正六年
第30巻 p.179渋沢栄一 日記 大正六年
第30巻 p.180-181戴恩の記 渋沢栄一著 大正六年刊
第30巻 p.186-188九恵 東京市養育院月報第二二六号・第二―三頁 大正八年一二月 職員諸氏に望む(養育院長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.190-191東京市養育院月報 第三三五号・第一九―二一頁 昭和四年六月 ○第十一回従業員慰労会に於ける挨拶(昭和四年五月十九日於飛鳥山渋沢院長邸)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.192-193東京市養育院月報 第三四八号・第一―二頁 昭和五年七月 ○第十二回従業員慰労会に於ける挨拶(昭和五年六月一日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.198-199東京市養育院月報 第二六八号・第七頁 大正一二年六月 ○安房分院開設第十四周年記念会に於ける挨拶(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.199-201東京市養育院月報 第三一二号・第四―六頁 昭和二年七月 ○安房分院開設記念会に於ける挨拶(昭和二年六月十六日)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.202-203東京市養育院月報 第三三六号・第八―一〇頁 昭和四年七月 ○安房分院開設記念会に於ける挨拶(昭和四年六月十六日於安房分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.211-215東京市養育院月報 第二六四号・第三―八頁 大正一二年三月 ○東京市養育院創立五十周年記念式々辞(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.215-220東京市養育院月報 第二六六号・第一―七頁 大正一二年四月 ○養育院変遷の跡を繹づねて(子爵渋沢栄一)
第30巻 p.220-221渋沢栄一 日記 大正四年
第30巻 p.225渋沢栄一 日記 大正六年
第30巻 p.225渋沢栄一 日記 大正七年
第30巻 p.226渋沢栄一 日記 大正八年
第30巻 p.226渋沢栄一 日記 大正九年
第30巻 p.226-227渋沢栄一 日記 大正一〇年
第30巻 p.232-234東京市養育院月報 第二七二号・第三―七頁 大正一三年三月 ○東京市養育院落成移転披露会式辞(大正十三年三月二十一日)(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.238-241竜門雑誌 第四四八号・第九六―一〇〇頁 大正一五年一月 ○青淵先生説話集其他
第30巻 p.248-250東京市養育院月報 第三一〇号・第七―一〇頁 昭和二年五月 ○巣鴨分院改築落成披露会式辞(昭和二年四月二十九日)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.253-255東京市養育院月報 第三一五号・第一―三頁 昭和二年一〇月 ○院外委託児藪入会に於ける訓話(昭和二年九月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.255-256東京市養育院月報 第三二六号・第一―四頁 昭和三年九月 ○院児秋季藪入会に於ける訓話(昭和三年九月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.257-259東京市養育院月報 第三三八号・第一―四頁 昭和四年九月 ○院外委託児藪入会に於ける訓話(昭和四年九月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.260-261東京市養育院月報 第三五一号・第一―三頁 昭和五年一〇月 ○秋季藪入会来会者に対する訓話(昭和五年九月十三日於巣鴨分院)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.263-266東京市養育院月報 第三三九号・第一―四頁 昭和四年一〇月 ○多摩川園に於ける『ロータリー』倶楽部の院児招待に対する謝辞(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.364-365東京市養育院創立五十周年記念回顧五十年 渋沢栄一述 付表 大正一一年一一月刊
第30巻 p.366渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.369渋沢栄一 日記 明治四三年
第30巻 p.369渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.371渋沢栄一 日記 明治四二年
第30巻 p.371渋沢栄一 日記 明治四三年
第30巻 p.371-372渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.378渋沢栄一書翰 控 発智庄平宛 (大正六年)一月一〇日
第30巻 p.381渋沢栄一 日記 大正八年
第30巻 p.382渋沢栄一 日記 大正八年
第30巻 p.388渋沢栄一 日記 大正一二年
第30巻 p.388渋沢栄一 日記 大正一四年
第30巻 p.388渋沢栄一 日記 大正一五年
第30巻 p.388渋沢栄一 日記 昭和三年
第30巻 p.402渋沢栄一 日記 明治四三年
第30巻 p.406渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.409渋沢栄一 日記 大正七年
第30巻 p.409-412竜門雑誌 第三六三号・第二二―二六頁 大正七年八月 ○慈善事業に就て(青淵先生)
第30巻 p.419渋沢栄一 日記 明治四一年
第30巻 p.421-425竜門雑誌 第二六三号・第八―一四頁 明治四三年四月 ○慈善救済事業に就て(青淵先生)
第30巻 p.447渋沢栄一 日記 明治四三年
第30巻 p.453渋沢栄一 日記 明浩四四年
第30巻 p.453-457慈善 第三編第二号・第四五―五一頁 明治四四年 本会第四回総会開会の辞(会長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.458-465竜門雑誌 第二九七号・第三四―四三頁 大正二年二月 ○慈善事業に対する雑感(青淵先生)
第30巻 p.476-477竜門雑誌 第三〇五号・第五七―五八頁 大正二年一〇月 ○中央慈善協会と住宅問題
第30巻 p.479-488竜門雑誌 第三二二号・第七五―八四頁 大正四年三月 ○癩病予防に関する相談会
第30巻 p.489渋沢栄一 日記 大正四年
第30巻 p.490渋沢栄一 日記 大正四年
第30巻 p.498-500社会と救済 第一巻第一号・第一―三頁 大正六年一〇月 本誌改題に際しての所感(本会々長 男爵渋沢栄一)
第30巻 p.503-504竜門雑誌 第三五四号・第三二―三三頁 大正六年一一月 ○第九回中央慈善協会総会に於て(青淵先生)
第30巻 p.519渋沢栄一 日記 大正七年
第30巻 p.521渋沢栄一 日記 大正七年
第30巻 p.521-522渋沢栄一書翰 増田明六宛 (大正七年)二月二一日
第30巻 p.532-535社会と救済 第二巻第二号・第七九―八二頁 大正七年五月 珍客ベリー氏と語る(中央慈善協会長 男爵渋沢栄一)
第30巻 p.535渋沢栄一 日記 大正八年
第30巻 p.537-538斯民 第一四編第七号・第四六―四八頁 大正八年七月 井上博士と救済事業(男爵渋沢栄一)
第30巻 p.538-539向上 第一三巻第七号・第四三―四四頁 大正八年七月 友人井上君を悼む(男爵渋沢栄一)
第30巻 p.540竜門雑誌 第三七八号・第四一頁 大正八年一一月 ○中央慈善協会の歓迎会
第30巻 p.543-544社会事業 第六巻第八号 大正一一年一一月 開会之辞
第30巻 p.564渋沢栄一 日記 大正一五年
第30巻 p.564-567社会事業 第九巻第一二号・第四―七頁 大正一五年三月 児童救育の回顧(中央社会事業協会会長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.576-579竜門雑誌 第四六七号・第一―六頁 昭和二年八月 近事三題(青淵先生)
第30巻 p.618-619渋沢栄一書翰 案 ウイニフレッド・ホルト・マザー宛 一九三〇年六月五日
第30巻 p.674-677東京府社会事業協会報 第三二号・第四五―四九頁 昭和二年七月 記念式に列して (中央社会事業協会長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.682竜門雑誌 第三六三号・第六四―六五頁 大正七年八月 ○米価暴騰に就て
第30巻 p.689-690渋沢栄一書翰 杉田富宛 (大正七年)八月二〇日
第30巻 p.690渋沢栄一書翰 八十島親徳・増田明六宛 (大正七年)八月二二日
第30巻 p.691渋沢栄一書翰 杉田富宛 (大正七年)八月三〇日
第30巻 p.691-694竜門雑誌 第三六八号・第四三―四七頁 大正八年一月 ○米価暴騰善後策(青淵先生)
第30巻 p.694-697竜門雑誌 第三六四号・第六五―六七頁 大正七年九月 ○米廉売と小売商に就て
第30巻 p.697-698竜門雑誌 第三六五号・第七二―七三頁 大正七年一〇月 ○公設市場に就て
第30巻 p.759渋沢栄一 日記 大正八年
第30巻 p.768渋沢栄一 日記 大正八年
第30巻 p.796渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.804渋沢栄一 日記 昭和三年
第30巻 p.804-805要用書類往復(四) 【拝啓、益御清適奉賀候、然ば唐突の申上方にて恐縮に御座候得共、此程新嘉坡在住を禁せられ途方に暮れ居候日本娼婦の件…】
第30巻 p.809渋沢栄一 日記 明治四三年
第30巻 p.810-816竜門雑誌 第二七〇号・第一一―一九頁 明治四三年一一月 ○慈善事業の過去現在(青淵先生)
第30巻 p.819渋沢栄一 日記 明治四四年
第30巻 p.821-822九恵 東京市養育院月報第二〇一号・第一―三頁 大正六年一一月 井之頭学校生徒に望む(養育院長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.824東京市養育院月報 第三一六号・第一―二頁 昭和二年一一月 ○井之頭学校開設第二十二周年記念運動会に於ける挨拶(昭和二年十一月六日於同校)(養育院長 子爵 渋沢栄一)
第30巻 p.828-829東京市養育院月報 第三五二号・第四―五頁 昭和五年一一月 ○井之頭学校開設記念運動会に於ける挨拶 (昭和五年十月十七日於井之頭学校)(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.831-833九恵 東京市養育院月報第一九四号・第一―三頁 大正六年四月 処世上の心得(養育院々長男爵渋沢栄一)
第30巻 p.835-837東京市養育院月報 第二五四号・第三―五頁 大正一一年四月 ○井之頭学校卒業式訓話(養育院長子爵渋沢栄一)
第30巻 p.837-838東京市養育院月報 第二七四号・第二―三頁 大正一三年五月 ○井之頭学校卒業証書授与式訓話(大正十三年五月三日)(養育院長渋沢栄一)
第30巻 p.849渋沢栄一 日記 大正四年
第30巻 p.849-855竜門雑誌 第三二八号・第三六―四四頁 大正四年九月 ○感化事業に就て(青淵先生)
第30巻 p.855-860慈善 第八編・第二号 大正五年一〇月 感化事業に対する所感(中央慈善協会会長男爵渋沢栄一)